2ヶ月で5キロ痩せよう!

2ヶ月で5キロ痩せたい!短期間で5キロ痩せるダイエット方法はコレ!

 

ダイエットをしようと決心した時、3キロ、5キロ、10キロが大体の減量目安になります。

 

体重3キロぐらいは、体重計に乗るタイミングや前日に食べたものによって生じた誤差の範囲内に入ります。少し食べるものを調整すれば、比較的簡単に達成することができる目標値です。

 

5キロの減少を目標とすると、誤差の範囲ではおさまらなくなるので、きちんと筋力をつけて体重を落とさなければなりません。こちらでは、確実に5キロのダイエットができるように、1〜2週間ダイエットではなく、最低2ヶ月かけて5キロの減量ができるような方法をご紹介します。

もくじ

1.短期2ヶ月で5キロダイエット パーソナルトレーニングジム
1.1パーソナルトレーニングジム エススリー
1.2パーソナルトレーニングジム シェイプス
2.短期2ヶ月で5キロダイエット 痩身エステサロン
2.1痩身エステ キレイサローネ
2.2痩身エステ シーズ・ラボ
3.自宅で5キロ減量に挑戦
3.1 「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ー朝ー
3.2 「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ーオフィスタイムー
3.3 「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ー退社後ー
3.4.「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ー夕食から寝るまでー

1 ジムにより2ヶ月で5キロダイエットする方法!

どうせダイエットやるなら、スタイリッシュでファッショナブルにやりたい!!そう思う方にはパーソナルトレーニングジムをお勧めします。パーソナルトレーニングジムとは、コマーシャルで有名なライザップのようなトレーニングジムのことです。

 

2ヶ月間一対一のパーソナルトレーナーがつき、筋トレや食事方法などの指導を行い、2ヶ月で希望の減量ができるようなプログラムを作ります。パーソナルトレーニングジムのダイエットのやり方は、とにかく筋肉をつけることなのでリバウンドにくいと言われています。

 

2ヶ月で5キロの減量は、比較的達成しやすい現実的な目標です。

 

パーソナルトレーニングジムのトレーニング方法は、腹筋や背筋が1回もできなくても、その方に合わせた正しいフォームでのトレーニングをしてくれるので安心です。

 

パーソナルトレーナーをつけるということがちょっとした流行になっているので、周りにダイエット中であると堂々と宣言して、「今日はこれからジムに行くの」とかっこよく会社を後にすることもできます。また、周りにダイエット宣言をすることによって、どうしても痩せなければならなくなり、目標に向かって頑張ることができます。

 

パーソナルトレーニングジムの大きなデメリットは、金額が高いことにあります。2ヶ月間で20万円〜35万円程度かかります。ここでは、ライザップと同じ内容のトレーニングで値段が安くて有名なエススリーと、女性専用のシェイプスの内容を簡単に説明しておきます。

 

1.1  エススリー

エススリーでは無酸素運動を中心の筋力トレーニングを2ヶ月行い、その間にたんぱく質中心の食事になるような指導をします。ジム内にカウンセラーを置かない、華美な内装ではない、余計な宣伝をしないなどの理由で価格を大きく下げることができました。

 

エススリーの口コミ・評判・金額

 

1.2 シェイプス(女性専用)

シェイプスは、女性らしいメリハリのある美しいボディを探求し続けているジムです。その方法は「サプリメントやプロテイン摂取によるダイエット方法」とは全く異なります。個人に合わせたトレーニングと食事方法で、これまでたくさんの女優やモデルをトレーニングしてきました。トレーニングは女性トレーナーがつきっきりで行うので、初めは全くできなかったトレーニングもだんだんできるようになってきます。シェイプスのダイエット方法は、体のラインを作るための「ボディメイク」と名付けられています。ジム内は、トレーナーをはじめ、スタッフ全員が女性です。

 

シェイプスの口コミ・評判・金額

 

ライザップの口コミ・評判・金額

2 痩身エステにより2ヶ月で5キロダイエットする方法!

パーソナルトレーニングジムと同様、2ヶ月間で5キロ程度の減量のために痩身エステサロンに通うという方法があります。

 

痩身エステサロンの大きな特徴は、寝たままで脂肪細胞を破壊して、同時に筋肉トレーニングができるということです。コースの主な流れは、キャビテーションというマシンを使い、気になる部分の脂肪を細胞レベルで破壊して、それをマッサージによってリンパから体の外に排出して、EMS というマシンによって筋力トレーニングを行います。

 

脂肪細胞自体を破壊するので体の中の脂肪細胞の数が減り、再び太ってもリバウンドをしないと言われています。トレーニングジムのように筋トレがなく、どのステップもエステティシャンが施術をしてくれます。寝ているだけですべてが終わります。金額はパーソナルトレーニングジムとほぼ同額で20万円〜35万円かかります。

 

痩身エステサロンのデメリットはやはり金額が高いことと、2ヶ月間の金額がコースによって変わるため、ダイエットの希望内容によっては多少高めになります。1回限りの体験があるエステサロンが多いので、いくつか試してみるのもよいでしょう。

 

それでは月額の会費が一定のキレイサローネと、ドクターシーラボの系列シーズ・ラボをご紹介します。

 

 

2.1  キレイサローネ(痩身エステ)

キレイサローネは、エステサロンとしては珍しい定額制となっています。科学的根拠に基づいた遺伝子検査をして、体液循環というオリジナル美容法と最先マシンによってダイエットを成功させます。

 

キレイサローネの口コミ・評判・料金

 

2.2  シーズ・ラボ(痩身エステ)

シーズ・ラボは有名なドクターシーラボのエステサロンです。最先端の美容医療をベースに、ダイエットに向けた痩身コースを設定しています。シーズ・ラボのダイエットコースは8つもあります。金額は、1つのコースの1回分の料金が設定されています。どのコースも1週間に1〜2回行い、約2ヶ月間の間で希望の体重まで減量します。5キロ以上の減量の場合は4ヶ月程度通う必要が出てくるようです。

 

シーズ・ラボ料金の口コミ・評判・料金

 

3 自宅、自分の努力により2ヶ月で5キロダイエットする方法!

パーソナルトレーニングジムや痩身エステサロンは魅力的だけれど、忙しかったり金額的にちょっと難しい方は、自宅で頑張って5キロダイエットに挑戦しましょう。

 

2か月で成功させるとなると、プロ並みの筋トレ方法が必要となります。あせって食事を抜いたりすると、リバウンドをしてそれまでの努力が水の泡になるので、できれば半年を目標にしましょう。

 

それではここからは、5キロダイエット方法を「5キロダイエットのための1日の過ごし方」としてご紹介をします。

 

3.1 「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ー朝ー

あしたから、朝はダイエットのために頑張って1時間早く起きましょう。

ラジオ体操

ラジオ体操は素晴らしい有酸素運動だといわれています。起きたばかりの体を完全に目覚めさせるために、全行程ではなくていいのでラジオ体操の一部を行って、しっかりと全身の筋肉をストレッチしておきましょう。

 

ジョギング

ラジオ体操で全身が目覚めたら、ジョギングに出かけましょう。今まで走ったことがない方でも、ジョギングは必ずできます。

 

もともとジョギングは有酸素運動なので、ゼーゼーいうほど頑張ると効果がありません。誰かとおしゃべりをしながら走り続けられるくらいのスピードで走ることを、スロージョギングと言いますが、この程度の走り方で十分です。走るときは前に進むよりも上に跳ね上がるようにして走ります。走りたくないときには、無理をしないでウォーキングだけでもかなりのダイエット効果があります。

 

雨などで出かけられないときには、ラジオ体操だけにしますが、ラジオ体操のあの音楽を使わないで、すべてのステップをゆっくりとやってみましょう。どのステップも必ずどこかの筋肉をストレッチする役割があります。どこの筋肉が伸びているかを確認しながら、ゆっくりと回数を増やしながら、全ステップをやりましょう。正しいラジオ体操のやりかたの本も売っていますから、目を通しておくといいかもしれません。

 

ジョギングダイエットをさらに詳しく

 

朝の食事

ダイエットをしたいのであれば、朝食を抜くことは厳禁です。簡単でもいいので。たんぱく質を中心にした食事を心がけましょう。主食は、玄米が一番理想的です。パンや麺類はお勧めできません。玄米は炊飯器で炊けますが、炊き上がるのに時間がかかるのでまとめて炊いて冷凍保存しましょう。おかずは卵やお豆腐、納豆、ヨーグルトなどのたんぱく質の食品を中心に食べましょう。アボカドもたんぱく質がたっぷりなのでお勧めです。

 

3.2 「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ーオフィスタイムー

仕事がデスクワークの方は、椅子に座ったままのトレーニングを仕事中にこっそりやってみましょう。

リンパケア

脚のむくみをなくすために、ふくらはぎにたまる血液やリンパ液を体の中心に押し戻してあげましょう。リンパの滞りをバカにしていると脂肪がセルライト化してしまいます。セルライトとはリンパによって流されなかった老廃物が脂肪細胞の間に入り、脂肪細胞と共に凝り固まった状態のものをいいます。セルライトが一度できると素人では取り除くことができないと言われています。女性の70%近くの方がセルライトを持っています。

 

セルライト化予防のためのリンパケア方法は簡単です。

椅子に座ったまま靴を脱いで、かかとの上げ下げをします。 脚の前に空間があれば、そのまま膝から下を床と水平になる状態まで持ち上げて、そこで30秒キープします。リンパ液の流れがスムーズになると同時に、ふくらはぎの部分が伸びていることを確認できると筋トレの効果もあります。できたら1時間タイマーを設定して、1時間ごとに行うとさらに良いでしょう。2〜3分で終了します。慣れてきたら仕事の間中かかとを上げていると、足首がほっそりとしてきます。また、1時間ごとに胸を張って深呼吸をすると、大胸筋のストレッチができて肩こりが解消されます。

 

立ち仕事の方も同じように、1時間ごとに靴を脱いでかかとを上げ下げします。ふくらはぎを軽く足首から膝までさすりあげて、強制的にリンパ液を上半身に戻しましょう。スクワットを数回できればなおさら良いでしょう。営業などの外回りの方は、電車の中や訪問先の会社で、待ち時間の間に簡単にできます。

 

昼食タイム

お昼がコンビニやスーパーのお弁当の方は、カロリーを気にせず好きなお弁当を買いましょう。お弁当は目で欲しいものを選びます。ここで制限をかけると大きなストレスがかかってしまうので、目が欲しがっているお弁当を買いましょう。お弁当を選んでいる時間は楽しいものです。
そしてお弁当を買うときにスイーツの代わりにたんぱく質が摂取できるものを単品で一緒に買いましょう。

 

お弁当を食べる時には、揚げ物のコロモを外しましょう。ご飯は二口か三口分残します。そしてその代わりに一緒に買ってきたたんぱく質豊富な単品を食べれば、満腹感を感じることができます。
朝出かける前に、ゆで卵を1つ持っていくといいかもしれませんね。

 

3.3 「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ー退社後ー

飲み会

毎日の生活で制限が多いとダイエットは続きません。飲み会は毎日あるわけではありませんから、積極的に参加しましょう。ただし、食べ方には気をつけなければなりません。飲み会では、アルコール類はいつもの半分くらいで我慢して、ウーロン茶にしましょう。食べるものも鶏肉はたんぱく質がたっぷり含まれているので、焼き鳥を積極的に食べましょう。あとはサラダを中心に食べたいのですが、ドレッシングはカロリーが高めなので気をつけましょう。

 

まっすぐ帰る

仕事が終わってまっすぐ帰る時には、遠回りをするか1駅手前の駅で降りて、できるだけたくさん歩きながら帰りましょう。帰りにうっかりコンビニによると、買わなくてもいいような甘いお菓子を買ってしまうので気をつけましょう。

 

3.4.「5キロダイエットのための1日の過ごし方」ー夕食から寝るまでー

夕食

うるさく言うようですが、夕食もたんぱく質を中心にして、ご飯は玄米にしましょう。玄米はゆっくり噛んで食べると効果的です。おかずは高タンパク質の鶏肉がお勧めです。その他にキングオブたんぱく質のしらすもお勧めです。シラス100g 中には50g 近いたんぱく質が含まれています。これは食品の中で一番のたんぱく質含有量です。毎日少量でもいいので食べ続けたい食品です。冬ならば鍋料理が手軽で良いでしょう。お鍋の中にはお豆腐を中心として、葉物野菜をたっぷり入れます。

 

 

夕食後寝るまで

食事が終わったら、テレビを観たり、音楽を楽しんだりスマホを見たりしながら、寝るまでの時間を過ごしますが、この時、「ながら筋トレ」をしましょう。テレビを観ながらごろりと寝て足を45度上げるだけで足に筋肉がつき、代謝が良くなってほっそりとしてきます。仰向けに寝転がったり、横を向いたりして45°の足上げをやりましょう。

 

おへその横に腹横筋という筋肉があります。腹横筋のトレーニングは効果的なダイエット方法として有名です。初めは仰向けになってやってみましょう。やり方は簡単です。1仰向けになって息を吐きながら大きくお腹をへこまします。2息を吐ききってお腹がぺちゃんこになったら、その状態を30秒キープします。息は止めずに胸で浅い呼吸を続けます。たったこれだけで腹横筋を鍛えることができます。慣れてくると座ったり立ったりした状態でもできますし、仕事中でも可能になります。

 

お風呂に入ってキャビテーション

痩身エステサロンのご紹介のところで、キャビテーションという言葉が出てきました。キャビテーションのマシンは自宅用の物があり、楽天などで気軽に買うことができます。楽天の評価を見ると、あまり悪い評価は見当たりません。説明書がわかりにくいとか故障しやすいなどの難点はあるようですが、販売会社が対応してくれるようなのでその点は安心できると思います。

 

お風呂から出たらキャビテーションを行うと、脂肪細胞を破壊してくれるのでより早くダイエットができるかもしれません。次の日の朝はジョギングのために早起きしなければならないので、だらだら起きていないで早めに寝ましょう。

 

キャビテーションをさらに詳しく

いかがでしたでしょうか?

朝起きてから寝るまでの時間が、全部ダイエット中心だといってもいいくらいだったかもしれません。

 

ダイエットは楽をしてはできません(痩身エステサロンは除きます)。筋トレと正しい食事方法によってのみ体重が減るのです。一生のうちのたった数ヶ月我慢をして頑張れば、5キロの体重を落とすことは夢ではありません。ダイエット生活が週間になれば、毎日ストイックに生活をしなくても、たまにはドカ食いをしても痩せ体質になることができます。

 

明日の朝からと言わず今から筋トレを始めて、数ヶ月後には「美ボディ」になりましょう。