失敗しない脚痩せダイエット むくみ完全撃退を今日からスタート

もくじ

1 脚が痩せない大きな原因
2 脚が痩せない原因 むくみ
3 足が痩せない原因 冷え性
4 足が痩せない原因 セルライト
5 プロの手を借りるのも1つの方法

脚が痩せない大きな原因

体重は減っても太ももやふくらはぎのサイズが変わらないのは、脂肪だけが原因ではないようです。

 

脚は体の中でも下に位置して、上半身にある心臓からは遠く離れています。

 

心臓から流れ出す血液は、重力に乗って足まで到着することができますが、そこから心臓に戻るには、かなり大変になります。

 

心臓から離れているので、重力も手伝って血液を上半身に上げる力も弱くなり、血液はその場にとどまります。

 

体中の水分は、血液によって運ばれます。血の流れが悪いと、細胞内の水分が血管に戻ることができにくくなります。

 

リンパ液についても同じことがいえるため、脚は知らず知らずのうちに血液やリンパ液などのたまり場となってしまいます。

 

血液やリンパ液が正常に流れなくなることによってむくみや冷えがおこり、セルライトがたまりやすくなり、これらが脚の痩せない原因となってしまいます。

 

それでは、むくみや冷えやセルライトについて、それぞれの対策法を調べてみましょう。

脚が痩せない原因 むくみ

むくみの原因

人の体は70%が水分でできています。

 

水分は血液によって運ばれ、全身の細胞に届けられます。そして不要になると老廃物となり、再び血液に戻って体外に排出されていきます。

 

血液の流れが悪くなると、血管の中は渋滞を起こします。

 

渋滞が起こると血液が先へ進まないため、細胞内の水分が血管の中に戻ることができなくなってしまいます。

 

そしてこれがむくみとなってしまいます。

むくみがなくなると

脚からむくみが完全に消え去ると、脚が一回りも二回りも細くなります。

 

あこがれの太ももの間のすき間ができ、ふくらはぎは数センチ細くなり、足首もキュッと締まります。

むくみ解消法
筋力をつける

むくみをなくすためには、毎日のマッサージも大切ですが、根本的な解決として、まず血液の流れを良くしなければなりません。

 

血液は心臓の動きによって体中を循環しますが、この時、筋肉がポンプの代わりをして血液の循環を助けています。

 

筋肉が血管をキュッキュと押すことによって、静脈中の血液は刺激を受けて心臓に戻りやすくなります。

 

ところが、筋肉の量が減るとポンプの働きも悪くなります。

 

すると血液が渋滞を起こして、細胞内のいらなくなった水分(老廃物)が上手に血管に戻ることができなくなり、その場にとどまりむくみとなっていきます。

 

そのため、慢性的なむくみを解消するには、まず筋肉の働きを良くすることが重要となります。

 

脚の運動を行なって筋肉をつけ、血液の流れをスムーズにしていきましょう。

むくみ解消エクササイズ

むくみ解消のためのエクササイズには、エア自転車こぎがお勧めです。

 

むくみは夕方になるとよくわかります。

 

何となく脚がパンパンに張ってきたり、足首の曲がり具合でむくみの度合いがわかってきます。

 

脚がむくんだ日は、家に帰りあお向けになって、脚を上げてグルグルと回転させるだけでも脚に溜まった水分が血管に戻ることができます。

 

エア自転車こぎは、足の筋力をつけるためのエクササイズにもなるので、むくみのある方にはぜひ行なっていただきたい運動です。

自宅では足を高い位置に置く

筋力が弱くて、血管を刺激するポンプの役割が果たせない方は、自宅にいるときは脚をできるだけ高く上げるようにしましょう。

 

椅子に座って脚を床に下ろすのではなく、必ずオットマンや台に足を乗せて、常に足を高い位置に置きましょう。

 

寝る時も膝から下を少し高めにすると、今日のむくみを明日まで持ち越さなくて済みます。

足が痩せない原因 冷え性

冷え症の原因

むくみの原因と重なる部分がありますが、筋肉によって血管を押す力が弱くなると、全身の隅々の毛細血管にまで血液が行き渡らなくなります。

 

冷え性が男性よりも女性に多く現れるのは、女性のほうが筋肉量が少ないからだといわれています。

 

また、女性特有のホルモン、エストロゲンには熱を発生しにくい性質があるため、冷えの原因につながってしまいます。

 

毛細血管にまで血液が届きにくくなると、十分な酸素や栄養素を細胞に届けることができなくなります。すると代謝が悪くなり、老廃物や脂肪をためやすい脚になってしまいます。

冷えを解消するには
体を外から温める

冷えを解消するには、体を芯から温める必要があります。

 

体が冷えると、脂肪も冷えていきます。脂肪が冷えると固まりになるので、なかなか取り除くことができなくなってしまいます。

 

冷えの解消には、筋力をつけることが大切になりますが、それだけでなく、毎日の生活でも体を冷やさないように気をつけましょう。

 

お風呂はシャワーだけで済ませてしまう方が多いようですが、湯船につかると体を芯から温めることができて、一時的にでも体温を上げることができます。

 

また、水圧によって血管が収縮されるので、血液の流れがよくなります。

体を中から温める

体を内側から温めることができる食べ物は、鍋料理がお勧めです。

 

お鍋は、たくさんの野菜を入れて、良質のたんぱく質であるお豆腐や鶏肉や魚を加えることによって、栄養バランスで考えると理想的な食事になります。

 

また、汗をたくさんかきながら食事をすることによって、代謝が活発になっていきます。

冷え解消エクササイズ

冷え性の方のためのエクササイズは、スクワットがお勧めです。

 

スクワットは、筋トレの基本中の基本と言われています。

 

初めは少ない回数でも良いので、毎週少しずつ回数を増やしていくことによって、3か月くらいでびっくりするほど回数が増えて足腰に良い筋肉がついていきます

足が痩せない原因 セルライト

セルライトの原因

むくみによって老廃物が体に溜まると、それらが脂肪細胞のすき間に入り込み、コラーゲンとからまってガチガチに固まってしまいます。これがセルライトです。

 

セルライトは太っている人だけではなく、痩せている人にもついています。

 

一度セルライトができてしまうと、しろうとでは取り除くことが不可能だともいわれています。

セルライト解消法

セルライトは一度できると取り除くことが大変になるので、老廃物がセルライト化しないように気をつけなければなりません。

 

そのためには、やはりむくみを解消することが大切となります。

プロの手を借りるのも1つの方法

むくみは毎日重なることによって、なかなか解消しにくくなります。

 

また、セルライトは一度できると、なかなか個人的に減らすことがむずかしくなります。

 

そこで、ほんの少しプロにお任せするのも1つの方法だと思います。

 

痩身エステは、痩身の実績を作っていくために、次々と新しい痩身方法を開発しています。

 

ひとりでのダイエットは、かなり意思が強くなければ続けることができません。

 

それならば、ほんの少しプロの手を借りて、ダイエットに対するモチベーションを上げ続けていくのも1つの方法でしょう。

DDラボ

DDラボは、痩身エステの中では低料金で有名

 

DDラボを更に詳しく

 

一般的に、痩身エステは2か月で20〜30万円かかるので、月に1万円で痩身のフルコースを受けることができるのはうれしいことです。

 

DDラボのコースは、

1スーパー温冷キャビテーション
2トリプル機能ラジオ波吸引
3ドームサウナ
4ヒートマット
5EMS高周波

などと、痩身エステで人気の5種類を受けることができます。

 

DDラボのスーパー温冷キャビテーションでは、脂肪細胞を破壊して脂肪細胞自体の数を減らしてしまうため、リバウンドが起こりにくいと言われています。

 

そこで、できてしまったセルライトを取り除くために利用すると良いでしょう。

 

また、ドームサウナやヒートマットは、全身を温めることによって大量に発汗を促すので、むくみの対策になるでしょう。

 

一般的な痩身エステは、2か月で16回のコースを組み、料金は20〜30万円かかります。

 

DDラボでは、1か月に2回のコースで約1万円です。

 

本気でダイエットに取り組みたい方は、自分で食事の制限をきちんと行ない、毎日の運動量を少し増やして、その合い間に痩身エステを組み込んでいけば、30万円もの大金を支払わなくてもダイエットに成功することができると思います。

 

 

体重は減っても脚だけがなかなか細くならないのは、脂肪以外ではほとんどむくみが原因になっています。

 

そこで、起きている間中脚を下ろしている生活を改善し、さらに足の筋肉量を増やすことで、きちんとポンプの役割ができるようにして、むくみを取り去るだけで脚を数センチ細くすることができます。

 

1人ではダイエットがむずかしいようであれば、ほんの少しプロの力を借りて、今度こそすらりとした脚になるように頑張ってみましょう。