6月のお得なキャンペーン情報!

脚やせしたい女性に朗報です!

東京、神奈川、千葉、大阪、京都にお住まいの方はラッキー!

DD Laboのキャンペーンで、
こんなお得なキャンペーンを見つけてしまいました。

なんと!!!
2ヶ月無料体験!

↓詳しくは以下をタップ!
2ヶ月無料 脚やせ

「足首が太い」と悩んでいませんか?

足首痩せで脚全体の印象アップ!太くなる原因はコレ!

 

もし悩んでいるなら安心してください。
ここでは足首痩せの方法をご紹介します。

 

しかし、そもそも足首って痩せるのか・・・。
そんな疑問を抱く人もおられるかもしれません。

 

足首が太いと一口に言っても、太くなった原因はいろいろ。
まずは、足首が太くなる原因から解説したいと思います。

足首が太くなってしまった原因

むくみ

足首が太くなってしまう一番大きな原因は、むくみによるものです。

 

ためしに、朝起きたばかりの足首と、仕事を終えた後の足首をメジャーで測ってみましょう。
むくみがひどいときには、1センチ以上も差がつくと思います。
もともと足首は細いところなどで、1センチの差はかなり大きいといえるでしょう。

 

しかも、足首には数年のむくみの蓄積があるかもしれません。
何年もかけて育てたむくみの親分の上に、今日のむくみが乗るのですから、おそらくむくみがすべて解消された後の足首は、数センチ細くなると思います。

 

これは足首だけに限らず、脚全体や、気が付きにくいところでは、お尻にもむくみは発生します。

 

私たちは、むくみよってかなり外見で損をしていると言えますね。

 

足首を使っていない

椅子に座った状態で一息つくとき、首や腕をぐるぐる回したり、腰を回したりすることがありますが、わざわざ足首を持って回すことはめったにないでしょう。

 

このように、私たちは立ったり座ったり歩いたりするとき以外に、わざわざ足首を使うことはありません。
足首の関節や筋肉が使われなくなると、血液の流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなってしまいます。
そのために、足首がむくんだり、余分な脂肪がついてしまいます。

 

足首が冷える

足首は、つま先を除けば、体の中では心臓から一番遠い場所です。血液は、足首やその先まで行くのに一苦労です。
しかも、やっとの思いで足先に到着した血液は、今度は重力に逆らって、心臓に戻らなければなりません。

 

筋肉は、血液が上手に流れるように、ポンプの役目をしています。
運動不足によって筋肉の量が減ってしまうと、このポンプの働きも弱くなってしまい、足先の血液は、心臓に戻りにくくなってしまいます。

 

そのため、足先にとっては、足首で血液にもたもたされると大迷惑になります。
足先の毛細血管まできちんと血液が循環しないと、強い冷えに悩まされることになるのです。
足先まで血液が流れなければ、足首の渋滞は解消されず、悪循環を繰り返します。

足首のむくみ撃退でサイズ数センチダウン!

足首が太くなってしまった原因は、ほとんどがむくむによるものなので、血行を良くしてむくみを解消する方法を考えていきましょう。

 

椅子の高さ

座面の位置が高いに座ると、太ももの後ろ側が圧迫されてしまいます。
圧迫によって、血液の流れが悪くなります。
太ももを浮かせる必要はありませんが、座面が高い椅子に座る時には、足の下に台を置いて、太ももを圧迫しないように気をつけましょう。

 

脚を上げる

1日に何回か、脚を心臓よりも上に上げる時間を作りましょう。
壁の前で寝転んで脚を上げたり、椅子と同じ高さのオットマンを使って、できるだけ脚の血液やリンパ液を上半身に逃がすようにしましょう。

 

着圧・弾性ストッキング

着圧・弾性ストッキングによって脚を圧迫すると、筋肉ポンプの働きがよくなったり、血管からの血液の染み出しが少なくなるために、むくみの予防効果があると言われています。

 

ただし、弾性ストッキングは、むくんだ後に使用すると効果が半減するので、朝起きたらすぐに履きましょう。
脚のむくみは、主にふくらはぎに起こるので、膝下までのハイソックスタイプで十分です。足首までしかないレギンスタイプよりも、靴下タイプのものを選びましょう。
医療用の弾性ストッキングは、足首から膝に向かって、血液やリンパ液が流れやすくなるように、圧迫力をきちんと計算しているので、できれば医療用のものを選びましょう。

 

弾性ストッキングを履くときは、必ずむくみができる前か解消したあとに履きましょう。
また、シワが寄らないように気をつけましょう。ストッキングの圧力が強いので、少しのシワでも皮膚に食い込むことがあります。
食い込んでしまうと、皮膚や血管や神経を痛めてしまうことがあります。
弾性ストッキングを履いている時も、しわが寄ってないかどうか時々確認しましょう。

足首痩せのストレッチ

足首が痩せるためには、足首を使って血行をよくする必要があります。
ストレッチやエクササイズによって、足首を鍛えましょう。

 

足首を伸ばして回す

足首痩せで脚全体の印象アップ!太くなる原因はコレ!

寝ている時や座っている時、足首をぐーっと伸ばして10秒キープ。
思い切り曲げて10秒キープしましょう。
次に、足首を前後に動かしたり、グルグル回して意識的に足首を動かしましょう。

 

足首エクササイズ

立ち上がって、椅子や壁に手をついて、かかとの上げ下げエクササイズを行ないましょう。
ゆっくりかかとを上げてゆっくり下ろす、これをワンセットとして、毎日少しずつ回数を増やしていけるように続けてみましょう。
また、かかとを上げて下ろしたときに、床にかかとがつかないうちにもう一度つま先立ちをすると、筋肉が休まることがなく、足首やふくらはぎへの効果が上がります。

 

かかと立ち

今度は、つま先立ちとかかと立ちをワンセットとします。
つま先立ちをした後かかとを下ろして、今度はつま先を上げてかかとだけで立ちましょう。
かかと立ちをすると、ふくらはぎが伸ばされてストレッチができ、同時に足首のエクササイズを行なうことになります。
このエクササイズも毎日続けて、だんだん回数を増やしていけるようにがんばりましょう。

足首周りのマッサージ

手の指で、足のくるぶしの周りをグルグルとマッサージしましょう。
力加減は、痛きもちいい程度で行ないましょう。

 

次に、アキレス腱を指ではさんで、上下に揉みほぐしていきましょう。

 

最後に、足の指のつけ根から足首に向かって、強めにさすりあげましょう。

まとめ

足首痩せで脚全体の印象アップ!太くなる原因はコレ!

 

足首は、使ってあげることによって引き締まっていきます。

 

毎日起きた直後と寝る直前に手で足首を握って、太さを確認しましょう。
朝と夜で、足首の太さがかなり違う場合は、ストレッチやエクササイズなどで、その日のうちのむくみはその日のうちに解消しておきましょう。

 

毎日のむくみが解消されずにどんどん積み重なっていくと、脚にたまった老廃物が脂肪の間に入り込んで、セルライト化してしまいます。
今あるむくみを全力で解消して、数センチほっそりとした脚になりましょう。

 

セルライト化しているようなら自分では難しいので、痩身エステにお任せしてみると良いでしょう。

 

人気の痩身エステ一覧