ダイエットコラム記事一覧

すてきなタイトスカートを見つけて、いつものサイズを試着してみたら、お尻のところでファスナーが閉まらない!そういえば最近スカートがきつくて、カギホックを外した状態で着ている。新しいパンツを買うときに、無理のないようにと1サイズ大き目を買ったら、そのサイズが定着してしまった!このような経験な誰にでもあって、今さら驚くようなことはありません。そして私たちは、このようなちょっとしたことがきっかけになって、...

答え:あります!痩せるための筋トレ方法は2種類あります。3ヶ月で一気に痩せたい場合と、気長に筋肉を増やす2つの方法です。超短期の一気痩せ筋トレに挑戦する場合は、生活習慣から見直して、パーソナルトレーニングのようなハードな筋トレを行います。1年くらいの長いスパンでのダイエットを考える場合は、毎日数分でも良いので、身体に負荷をかけない方法で痩せる筋トレを行います。それではまず、3ヶ月で完成の一気痩せ筋...

モデルでタレントのローラさんは、いまどきの女子の憧れの存在です。特にあのすらりとした美脚は、うらやましい限りです。私には無理だから…。なんて言わないで、ちょっと努力をすれば、ローラさんのようになることも不可能ではありません。ただし、根気よく続けなければ、モデル体型にはなれません。脚痩せダイエットに挑戦して、ローラさんのような美脚をゲットしましょう。

下半身太りを解消する方法なんてあるのでしょうか?はい。あるんです。しかも無料で。興味のある人は以下を読み進めてください。バレリーナが足を180度開脚している姿を見ると、その姿に憧れます。上半身の全体重は股関節にかかります。股関節周りを強くすることでダイエットができて、しかも腰痛がなくなり立ち姿も美しくなります。それが本当ならさっそく試してみたくならないでしょうか。今回は、股関節周辺の筋力をアップす...

大丈夫!解消できます。今回は長年の猫背とお別れするために、効果的なストレッチ方法をご紹介します。

ダイエットの方法のひとつに体幹トレーニングがあります。体幹を鍛えると本当にダイエット効果はあるのでしょうか?もちろんあります。ただ、短期間で大きなダイエット成果を出すには、プライベートジムが一番効果的です。プライベートジムの場合は、2ヶ月で10キロ、15キロ痩せる人が少なくありませんが、体幹ダイエットでそこまで期待してはいけません。

ダイエットをしようと決心した時、3キロ、5キロ、10キロが大体の減量目安になります。体重3キロぐらいは、体重計に乗るタイミングや前日に食べたものによって生じた誤差の範囲内に入ります。少し食べるものを調整すれば、比較的簡単に達成することができる目標値です。5キロの減少を目標とすると、誤差の範囲ではおさまらなくなるので、きちんと筋力をつけて体重を落とさなければなりません。こちらでは、確実に5キロのダイ...

もくじ1.ボルダリングの口コミ2.ボルダリングとは3.ボルダリングの基本4.ボルダリングルールと注意5.ボルダリングのコツ6.ボルダリングとダイエット7.ボルダリングの危険8.ボルダリングの服装9.ボルダリング都内のジム10.まとめ

ピラティスにもダイエット効果があります。しかし・・・ピラティスは脂肪を燃焼して痩せるタイプのエクササイズではありません。ピラティスは、体の中の筋肉(インナーマッスル)を鍛えて基礎代謝を高めるタイプのエクササイズ方法。つまり、1〜2週間で劇的に痩せる効果を望むことはできません。短期間でダイエットを成功させたい人や痩せることを第一目的とした人は、プライベートジムやパーソナルジムが確実にオススメだという...

ある日体重計に乗ってその数値にびっくりするとどうしますか?その日からダイエットしなくちゃと思いますが、とりあえず食べるものを減らしますね。減らすものは、だいたいがお菓子とご飯です。とりあえず食べる量を減らして、ダイエット食品やドリンクを取り混ぜて、何とか2、3週間で体重を落とすことができます。数か月たって、また体重が増えたら食事制限をして減らします。「太る」→「食事を減らして痩せる」の方法は永遠に...

評価◎ 30代 女性ストレッチポールが届いて、とりあえず3分間仰向けに寝てみました。3分後床の上に寝てみたら、自分の背中が床の上に張りつくようにべったりくっついて、気持ちが悪くて笑ってしまいました。さっそく家族に試してもらったら、やはりみんな大笑いです。それからみんなで取り合っています。肩こりがひどくて整体に通おうかと思っていましたが、ストレッチポールで十分です。評価◎ 50代 女性場所をとらない...

バランスディスク(バランスボード)を使ってのトレーニング方法はとても簡単です。しかもダイエットに効果的な体幹を鍛えることができます。それでは購入を検討する前に、簡単なトレーニング方法からご紹介しましょう。

あなたはこのような経験はないですか?夕方退社頃になると靴が履けなくなる。しゃがんだときのふくらはぎの感覚がパツンパツンになる。むくんで足の指のすきまがなくなってしまう。このようなむくみで体重は何キロくらい増えてしまうのでしょうか。今回は、むくみの正体を知ることで、ほっそりとした脚をゲットする方法を説明していきます。では、むくみの原因を知ることからはじめましょう!

何度もダイエットに挑戦してはそのたびに失敗してはいませんか?すっかり気落ちしている方に、とっておきの即効ダイエットをご紹介しまましょう。短期間で成果がでますよ。では即効美ボディのための4つのステップをご案内します。

私たちは、男性も女性も「老けた」とか「老化現象」などという、「老」の文字を使う言葉をとても嫌います。そのためにアンチエイジングとして、シミやシワをカバーするお化粧品を使い、カラーリングすることにより若返ったと勘違いをしてしまいます。ところが、顔や髪だけお手入れをしても、若々しくはなりません。おわかりですよね。まずは首から下の部分、つまり体型を若々しくしなければ、どこからどう見ても年齢相応、もしくは...

私のまわりには、何でも美味しそうにたくさん食べているのに太っていない人がいます。とても不思議です。かくれてダイエットしているのでは?いいえ。彼女たちは、ダイエットしている気配がありません。また、テレビでよく見る大食いの方たちも、それほど太ってはいません。この不平等さは、一体どこから来るのでしょう!今回は、痩せている方の秘密に迫ります。

ダイエット中は食事の量を減らして、できるだけ摂取カロリーを抑えたいものです。しかし、必要以上に食べる量を減らし過ぎると・・・。そう、筋肉が衰えてしまいます。筋肉が衰えると、代謝が落ちます。代謝が落ちると、ダイエットの逆効果。単に体重を落とすだけではなく、ハリのある肌と均整の取れた体つきになるには、ミネラルを摂ることがとても重要です。

もくじ1お豆腐の栄養素2お豆腐のメリット3お豆腐と高野豆腐の違い4お豆腐のカロリー5お豆腐を使ったメニューお豆腐の栄養素お豆腐は大豆とにがりだけでできているので、栄養素は大豆の栄養と同じになります。お豆腐は、大豆を蒸しておからと豆乳に分け、豆乳ににがりを加えて凝固させて作ります。大豆には、優れた栄養素がたくさん含まれています。たんぱく質大豆には、たんぱく質がたくさん含まれているので、畑の肉と呼ばれ...

もくじ1サーカディアンリズムって何?2体内時計の種類3体内時計リセットのチャンスは「朝」4朝食を食べないデメリット5朝食はダイエットのキーポイント6夕食の時間がダイエットの成功を左右する7「おやつは3時」には訳があるサーカディアンリズムって何?サーカディアンリズムとは、体内時計のことです。訓練をしたわけではないのに、朝になると目がさめて、夜になると眠くなるという一日のリズムのことをいいます。私たち...

1998年、WHOはメタボリックシンドロームを発表しました。それ以降、内臓脂肪が増えすぎている方は要注意と言われ続け、40歳以上の男女には特定健診が義務づけられました。ところが近年、メタボリックシンドロームよりも怖いとされている、サルコペニア肥満が注目されるようになりました。サルコペニア肥満は、70代以上になると約3割の方が該当するそうです。そして特に女性の方が多いと言われています。サルコペニア肥...

ダイエットを効果的に成功させるには、食事制限と運動と言われています。食事制限と聞くと、甘い糖分を控えることと、カロリーたっぷりの揚げ物などの脂質を控えることが頭に浮かびますね。確かに糖分を控えることは重要なのですが、たんぱく質をいつも以上に摂取することも大切です。今回は、効果的なダイエットのために必須となるたんぱく質のポイントについて考えていきましょう。もくじ1たんぱく質とは2必須アミノ酸の性格3...

ダイエットのために食事の量を減らすと、何だか胸がしぼんできたような気になりませんか。しかも、年々バストに張りがなくなり垂れるようになってくると、バストアップは切実な問題となってきます。ダイエットと同様、バストアップも女性にとっては大きな悩みのひとつです。ダイエットで体重を落としながら美しいバストをキープするためには、バストのためのトレーニングも必要です。ダイエットのために運動を行なって、バストのた...

タバタ式トレーニングは、1回たった4分間のトレーニングを週に2〜3回行なうだけで、なんと、1時間分のカロリーを消費する効果があるそうです。世界中の方がダイエットに成功している様子を、動画で見ることもできます。簡単そうなタバタトレーニングとは、一体どのようなものなのでしょうか。もくじ1タバタ式トレーニングって何2タバタ式トレーニング効果3タバタ式トレーニング方法4バービージャンプ(バーピージャンプ)...

ダイエットは女性にとっての永遠の悩みです。今回のダイエットも食べてしまって失敗した。どうしても食欲に負けてしまう。誰でも一度は、食欲が原因でダイエットに挫折したことがあるのではないでしょうか。今回は、できるだけ努力をしないで食欲を抑える方法を考えていきましょう。もくじ1テレビ番組に気をつける2食材を買う時間に気をつける3コンビニを素通りする勇気4食費を見直す5貯金モードへの切り替え 6GI値」の勉...

もくじ1トマトのダイエット効果2効果的なトマトの食べ方トマトのダイエット効果栄養豊富で、成長ホルモンもたっぷりトマトにはビタミンCやEやカリウムなど、たくさんの成分が含まれています。これらは、ダイエットを行なう上で食事制限をすると、摂取量が減ってしまう大切な栄養素です。また、トマトの赤い色の成分であるリコピンは、成長ホルモンの分泌を盛んにして代謝を活発にするため、トマトは、痩せやすい体質づくりのた...

もくじ1ドローインとは2ドローインの効果ドローインの効果3基本のドローイン4ドローイン効果の確かめ方5慣れたら ながらドローインドローインとは体幹という言葉を聞いた事があるでしょうか。体幹とは、大きな意味では胴体の部分のことを指します。つまり、首から下、脚のつけ根よりも上の部分を体幹と呼びます。腕は体幹には入りません。胴体の部分には、たくさんの筋肉があり、それぞれつながりを持ちながら違う役割を担っ...

ラジオ体操は子どものものであって、今更大人がやっても恥ずかしいし、たいした効果はないだろうと思っていませんか。ところが、ラジオ体操は良く考えられた運動で、体中の筋肉を総動員することができます。たまに、外でラジオ体操をやっているところを見ることがあります。大人も子どもも、大半の方が適当に体を動かしているように見えますが、ラジオ体操は真剣に行なうとダイエットや健康に大きくつながっていきます。今回は、ラ...

もくじ1太る野菜と痩せる野菜2太りやすい野菜・痩せやすい野菜の特徴3にんじんの栄養4 GI 値の低い食事方法太る野菜と痩せる野菜野菜の中には、太りやすい野菜と痩せやすい野菜があります。理由はともかく、まずは、どの野菜やいも類が太りやすく痩せやすいのかを表にしてみました。、太りやすい野菜・いも類(太りやすい順番)野菜・いも類GI値カロリーじゃがいも9076にんじん 80 37やまいも75108切干大...

世の中には、食べれば食べるほど痩せていく食材があるらしいのですが、それを中心に食べていけば、あとは何もしなくても痩せられるのではないでしょうか?答えは、いいえです。普通に考えると、「食べれば食べるほど痩せていく」、そんな夢のような話は信じられませんが、マイナスカロリーダイエットという考え方が1人歩きをして、このような神話が出来上がったのではないかと思います。今回は、マイナスカロリーダイエットという...

もくじ1クランベリー2クランベリーに含まれる主な成分3抗酸化作用4女性にうれしい美肌効果5アンチエイジング6むくみ解消7目がよくなる8歯周病予防9ダイエット効果10膀胱炎の予防11ピロリ菌防止12カルシウムが豊富13クランベリーの食べ方クランベリークランベリーは、ツルコケモモ科の植物で、小さな赤い実をつけます。日本でも寒冷地で自生しているようです。クランベリーは渋みや酸味がとても強いので、生のまま...

ダイエットを効果的に行うには、運動をして基礎代謝を上げましょうと言いますが、ダイエットって体重を落とすことではないの?そうです。ダイエットが成功するかどうかは、体重をどれくらい落とせるかにかかっていますね。ところが、食事の量を減らすことによって体重を落としても、食事を元に戻せば体重も元に戻ってしまいます。一度落とした体重をそのままの状態でキープさせるには、基礎代謝を上げる必要があります。今回は、基...

体は筋肉や骨によって支えられていると、小学生の理科の時間に習いましたが、体の中には、もう1つ体を支えるための重要な働きをするものがあります。それは、「筋膜」と言います。今回は、その「筋膜」をほぐすことによって頑固な肩こりを解消して、しかもダイエットにもつなげていく方法を考えていきます。もくじ1筋膜とは2筋膜の働き3肩こりと頭痛4筋膜リリースの効果5肩こりのための筋膜リリース6筋膜リリースグッズ7簡...

もくじ1がんばらないダイエットが必要な理由2ダイエットを成功させるための考え方3ゆるい計画を設定してみる4食事の習慣を直す目標5昼食の習慣にひと工夫6運動をする習慣、これが難しい7体重がなかなか減らなくなったら、エステに行ってみるがんばらないダイエットが必要な理由ちょっと太っては、お菓子やご飯を我慢。そして2、3キロダイエット。そしてまた1年後にちょっと太って……。と寄せては返す波のように、毎年毎...

玄米は体に良いとは言われていますが、食べにくいので毎日食べ続けている方はそれほど多くはないと思います。ところが、玄米には白米にはない優秀な栄養素が含まれていて、しかも血糖値の上昇度合いも低いので、ダイエットにはぜひ取り入れたい食材なのです。私たちが日頃食べている白いご飯は、わざわざ大切な栄養素を削り取った、その残りの糖質を食べているに過ぎません。今回は、私たちが知らなかった玄米の大きな力を見ていき...

人間は二本足で立つことを覚えて以来、ずっと重力と戦い続けています。二本足で立つことによって、大問題となってくるのが頭の重さです。頭は成人すると5〜6キロの重さになります。私たちは、重力に抵抗して体を支えることと頭の重さを支えるために、「抗重力筋群」を使っています。もくじ1正しい姿勢とは2代表的な抗重力筋とそれにかかわる関節3主要姿勢筋とは正しい姿勢とは美しい姿勢の代表ともいわれるモデルの立ち方は、...

骨盤が前傾したり後傾すると姿勢が悪くなって、しかも太りやすくなるといいます。ダイエットに敏感な私たちにとって、太りやすいという言葉は禁句です。骨盤前傾や後傾は、2、3か月のトレーニングで改善することができるので、今日からトレーニングを行ってみましょう。まずは骨盤の前傾と後傾のどちらのタイプなのかチェックから始めましょう。もくじ1骨盤が前傾しているか後傾しているかのチェック方法2骨盤前傾の特徴と原因...

もくじ1第1段階 翌日は体重計に乗らない2食べたものが脂肪に変わるまでの時間3第2段階 勝負は食べ過ぎた次の日からスタート4第3段階 食後に軽い運動をする5第4段階 再び体重計に乗る第1段階 翌日は体重計に乗らないダイエット中のついうっかり食べすぎは、後悔ばかりが残るものです。でも、後悔するくらいなら食べなければ良いのに、などと思わなくても大丈夫。頑張ってダイエットを続けているのですから、たまには...

もくじ1ストレッチを行なう理由2寝る前ストレッチの効果3寝る前ストレッチのタイミング4ダイエットを意識したストレッチストレッチを行なう理由ストレッチは、筋肉を伸ばして体を柔らかくするトレーニングというイメージがありますが、ストレッチを行なうことによって、筋肉や関節の可動域が広がり、体全体の筋肉は活性化されます。従って、ダイエットのために筋力を上げるには、ハードな運動をしなくてもストレッチだけでも十...

ダイエットのために運動をやらなければならないので、水泳でもやってみようかしら。水泳は、運動の中で消費カロリーが一番多いそうです。今回は、ダイエットを行なう上で、水泳のすぐれた効果について考えてみましょう。もくじ1 水泳の効果2 泳ぎ方による身体への効果水泳の効果水泳はダイエットの効果がたくさんあって、しかもどの効果もとてもすばらしいのですが、どうしてそんなにいろいろな効果があるのでしょう。どうやら...

面倒くさいから、忙しいからといって、ダイエットが先延ばしになっているあなた。お風呂から出てほんの15分ストレッチを行なうだけで、2か月で3キロのダイエットに成功します。さっそく今日から始めてみましょう。もくじ1 「明日から始めよう」を「今夜から」に!2 一体いつストレッチをやるの?3 お風呂に入る前のストレッチ4 お風呂から上がった後のストレッチ5 寝る前に食べても良いもの「明日から始めよう」を「...

もくじ1 セルライトとは2 セルライトができる原因3 セルライトがつきやすい場所4 セルライト解消のためのマッサージ5 困った時には痩身エステセルライトとは私たちの体の中の細胞のひとつに、脂肪細胞というものがあります。食事をして、摂取したカロリーよりも消費カロリーが少ない場合、栄養素は中性脂肪となり、脂肪細胞の中に入り込んで、体が飢餓状態になったときのために貯蔵されます。貯蔵される脂肪が多くなると...

もくじ1 まずはとにかく動く2 ダイエットはゆっくり行なう3 食事制限は最後にスタート4 食事の制限もゆっくり始めましょう5 少しの間だけコンビニを敵だと思う6 ダイエット食品に頼らない7 エクササイズを始めてみるまずはとにかく動く痩せるためには、食べるものを控えるよりも動く量を増やすことが大切です。ダイエットを決心すると、とりあえずいろいろなことを一度にやり始めます。ダイエット食品を買ったりファ...

体には、太る順番と痩せていく順番があるようです。痩せにくい場所に執着するとダイエットに挫折をして、中途半端にあきらめてしまいます。すると、体型のバランスが崩れるという恐ろしいことになります。私たちの体は、太っていくときや痩せていく時には、どこも平等に脂肪がついたり減ったりするわけではないようです。これは生命の危機とも関係しているので、脂肪のつきやすさの特徴を知っておくと、ダイエットの挫折感が少なく...

ダイエットのために好きなものも食べず、頑張って運動を続けているのに、どうしても痩せられない。ダイエットをしようと思っても、2週間くらいで挫折をしてしまうことの繰り返しだ。周りにダイエットに成功した方がいると、なぜあの人は痩せて私は痩せることができないのだろうと、悩んでしまいますね。ダイエットが成功するかしないかには、「脳」が関係していることがわかったそうです。つまり、今までと考え方を変えて、「太る...

人の平均体温は、36.5℃から37℃と言われています。ところが、普通は比較的体温の高い子どもでも、35℃台の子がたくさんいるそうです。ましてや大人となると、体温の測り方にもよるでしょうが、35℃もない場合もあります。低体温の方は、ちょっとした微熱の37℃になっただけで、フーフーいうくらい体が弱ってしまいます。平熱よりも2度も上がれば、その方にとっては37℃が高熱になるのでしょう。今回は、体温が上が...

私たちのようにダイエットをしている者は、「脂肪」という言葉を聞くと、ついつい敏感に反応してしまいます。「脂肪」という言葉がついているものは、皮下脂肪や内臓脂肪など、たくさんありすぎて違いがよくわかりません。脂質は炭水化物やたんぱく質と同様に、体にとって大切な栄養素です。体の中で多すぎると肥満を招きますが、不足すれば病気の原因となってしまいます。今回は、「あぶら」というものを、健康とダイエットの面か...

ダイエットで食事の量を減らしたら、便秘になってしまった。ダイエット中だけではなく一年中便秘気味で、それが大きな悩みとなっている。女性は便秘の方が多く、ふたりにひとりは便秘で悩んでいるといわれています。特にダイエット中は、便秘になりがちです。お腹にたまっているものを全部外に出すと、体重が数キロ落ちることもあります。ダイエットにかかわらず、便秘症は解消しておきたいものです。今回は、いくつかある便秘のタ...

原因はわからないけれど、イライラしたり不眠が続いたり、朝起きるのがつらいと感じるとき、40代前半までの女性は自律神経が乱れていると言われ、40代後半以降の女性は更年期障害で自律神経が乱れるのだと言われることが多いと思います。自律神経の乱れや更年期障害は、女性にとってはそれほど珍しい症状ではないので、大したことはないと思いがちですが、まさか自律神経が乱れることと、ダイエットが大きく関係をしているとは...

体を冷やすとむくみやすくなったり、セルライトができやすくなります。体温を1度上げると代謝率は大幅にアップ。血行を良くして体を中から温め、ダイエットの効果をあげましょう。もくじ1 体温を一定に保つシステム2 冷え性とは3 冷え性の原因4 冷え性の種類5 冷えを改善してダイエット効果を上げる方法6 まとめ体温を一定に保つシステム私たち人間は、気温の変動があっても体温が大きく変わることがなく、常に一定の...