ダイエットの疑問を解決記事一覧

ダイエットのためにトレーニングでもしようかと思ったとき、必ず出てくる言葉が有酸素運動と無酸素運動です。どちらの運動もダイエットには必要です。まずは、ひと言で有酸素運動と無酸素運動の違いを説明しましょう。有酸素運動有酸素運動は、呼吸によって体内に取り込んだ酸素を使って、脂肪を燃焼させてエネルギーに変える運動です。ゆっくりと長時間運動を続けることによって脂肪燃焼が効果的になります。無酸素運動無酸素運動...

20歳を超えるとなぜ太りやすいのか?私たち人間は、20歳過ぎると太りやすくなります。これには理由があります。その理由とは何でしょうか?もし、この太る理由を理解すれば、あなたは太りにくい体質に変わることも可能なのです。周りを見渡してください。あなたの周囲にも、若い頃と比較すると随分太ったという人を見かけるはずです。しかし一方で、中高年になってもスマートな体を維持している人もいるはずです。この差を体質...

太り過ぎている人が突然ジムでダイエットすると危険。そんな話を聞いたことはありませんか?太り過ぎの人は、運動中の事故や怪我をする確率が高くなります。たとえば、太り過ぎの人が急に激しい運動をすると、心臓への負担が大きいだけではなく、関節や骨にかかる衝撃や負担も大きく関節がねじれてしまう場合もあります。また、尿酸値が高い人が激しい運動をすると、さらに尿酸値を高める原因となり痛風に発展する危険もあります。...

リバウンドの原因は、筋肉量の減少!ダイエットと筋肉は深い関係があります。実は、筋肉の量が多い人ほど、太りにくいことをご存知でしょうか。よくダイエット後にリバウンドしてしまったという話を聞くと思います。これは、ダイエットにより筋肉の量を減らしてしまったことにより、太りやすくなったのです。筋肉量の多い人ほど基礎代謝が活発です。つまり、筋肉量が多い人ほど食べた物をエネルギーとして消費するのです。というこ...

あなたはダイエット中の食事はどのようなところに気を付けていますか?大切なのは、栄養のバランスと量ですね。中には1日ほとんど食べない人もいます。食べ過ぎも危険ですが、ほとんど食べないというのも危険です。体に必要な栄養が不足するのはもちろんですが、一旦ダイエットに成功してもリバウンドする確率を上げてしまうからです。せっかくダイエットに成功しても、リバウンドしてしまえば意味がありません。リバウンドしない...

女性がウエイトトレーニングをやるとどうなるか?「ムキムキになるのでは?」「ゴツゴツした男のようなカラダになるのはイヤ!」そんなふうに考えてはいませんか?心配ありません。女性の場合は、男性と違います。なので、特別なことをしない限り、普通のトレーニングではムキムキになったりはしません。むしろ女性がウエイトトレーニングをすると、女性らしい美しいボディラインになります。また、とても若返ります。また、バスト...

魅力的なボディを作る方法をご紹介します。最短で魅力的なボディを作る確実な方法は、言うまでもありませんが、プライベートジムに2ヶ月通うことです。と言っても毎日ではありません。1周間に二回、1回2時間程度。これで2ヶ月後からのあなたはスゴイことになっています。人生が良い方向へ変化します。2ヶ月後のあなたは、見た目が美しいだけではありません。精神的にも自信に満ち溢れ、病気からも遠ざかることにもなります。...

リバウンドの原因になるダイエットと運動は深い関係にあります。運動をすればするほどカロリーも消費されるわけですから、身体を動かした方が痩せやすくなる、というか身体を動かさないとある程度の体重を減らすことができません。2、3キロ痩せたいというのはちょっとした食事制限などで可能かとおもいます。ただ大幅な減量はやはり食事制限などでは難しいでしょう。そもそも大胆な食事制限をすることは健康にも良くありませんし...

脂肪の中でも落としにくい皮下脂肪。ぽっこり出たお腹、二の腕の皮下脂肪。これら皮下脂肪をスッキリ落とす方法はありますか?はい、あります。一番確実なのが、プライベートジムとかパーソナルジムと呼ばれているようなジムに通うことです。2ヶ月後、非常に高い確率であなたは見違えるようになっていることでしょう。しかし・・・「時間がない」「プライベートジムに通うお金がない」そんな人もおられるはず。そこでご紹介したい...

私の足は筋肉太りだから、これ以上運動をやって、ますます太くなっちゃったらどうしよう……。学生の頃、運動部で筋トレに励んだ結果、大人になってもその筋肉が落ちない。スレンダーな脚に憧れるものの、むっちりとついてしまった筋肉をそぎ落とさない限り、美脚とはほど遠い。などなど、自分の足を見て、どうしたものかと嘆いている女性は多いと思います。でも大丈夫。それって筋肉ではないのですから。

あなたは以下のようなお悩みはないでしょうか?タイトスカートをはきたいけれど、お尻から上に上がらない。腰回りの大きさが目立つので、ふんわりチュニックばかり着ている。腰回りが太っているので、おしゃれを楽しみたいが、難しい。実際、腰回りが太っていると、全身が太っているように見えてしまうものです。そこでダイエット。ところが腰周りの余分な肉はなかなか落ちにくいので、あきらめてしまう方も少なくありません。でも...

ほんとうにトクホのお茶は、飲むだけで体脂肪を減らせるのでしょうか?ダイエット効果を期待して、飲んでいる人がいますが、どの程度効果があるのでしょう。以下では、トクホのお茶などトクホ商品の効果について検証したいと思います。まずは、トクホとはどのような食品なのかを知っておきましょう。

ダイエットを目的に、気合いを入れてトレーニングジムに入会。しかし、気がついたら、いろいろ理由を作って行かなくなってしまった。会費だけは、毎月きちんと引き落とされている……泣。せっかくダイエットをしようとトレーニングジム入会しても、通えなくなってしまっては残念です。ジムに入ってもすぐにやめて次のジムを探してしまう、続ける気はあるけれども行くのが面倒くさい、などなど、1つのジムが続かない理由はたくさん...

コーヒー好きにとっては、飲むだけで痩せることができれば、こんなにうれしいことはありません。まずは、コーヒーで痩せるというメカニズムを検証してみましょう。もくじ1カフェインのダイエット効果 12カフェインのダイエット効果 23コーヒーを飲んで太る原因4コーヒーのメリット・デメリットカフェインのダイエット効果 1コーヒーには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。クロロゲン酸は、糖の...

「サウナ」という言葉を聞くだけで、汗が噴き出してきそうですが、サウナスーツを着て運動をすると、大量の汗をかくことによってダイエット効果が期待できると、女性の間で人気になっています。もくじ1サウナスーツとは2サウナスーツのメリットとデメリット3サウナスーツで効果的に運動4スポーツで汗をかくにはホットヨガサウナスーツとはサウナスーツとは、着ることによって発汗作用を高める効果があるウェアのことです。ウェ...

体が痩せることと基礎代謝は、一体どのような関係があるのでしょうか。また、基礎代謝を上げると、なぜ体重が落ちるのでしょうかもくじ1基礎代謝とは2基礎代謝(70%)とは3運動代謝(20%)とは4食事誘導性耐熱産生(DIT)(10%)とは5基礎代謝の計算方法6基礎代謝の割合7基礎代謝が低い人の特徴8基礎代謝を上げる方法9ウォーキングは最高のダイエットトレーニング10ラジオ体操をやってみる基礎代謝とは私た...

フラフープや腰回しは骨盤矯正に効果がある、ということで話題になっています。フラフープならば、運動嫌いな方でもダイエットトレーニングとして気軽に取り入れることができますね。子どもの頃、誰でも一度はフラフープの経験があると思います。子どもは2、3回やれば上手に回し続けることができますが、おそらく大人の私たちが久しぶりにフラフープを使っても、2、3度回りながら落ちてしまうと思います。もくじ1フラフープの...

もくじ1目標の設定が大きすぎてはいませんか?2脳は意地悪であることを覚えておきましょう3効果が出る前にあきらめてしまう。4食べていないと思っていても実はどこかで食べているものです5かたよった食べ方を直す6お菓子は小分けになったものを買う7筋トレやストレッチの時間を変えてみる8今までダイエットにかけた金額を出してみる目標の設定が大きすぎてはいませんか?1キロや2キロ体重が増えても、それほど心配にはな...

もくじ1年々落ちる筋肉量2基礎代謝とダイエット3運動で基礎代謝を上げる4体温を上げる5心肺機能を向上させる6ストレッチを行なう7内臓の働きを良くする8食事で基礎代謝を上げる9漢方で基礎代謝を上げる年々落ちる筋肉量30代半ばを過ぎると何となく太りやすくなって、ちょっとしたダイエットでは体重が落ちなくなってきます。20歳の頃の自分と比べてみると、5キロ以上太ってしまったという方も多いのではないでしょう...

1数人で食事をした時、自分だけさっさと食べ終わって何となくやることがなくて困った事はありませんか。また、周りの人の食べ方を見ていると、痩せ気味の方はゆっくり食事をしていませんか。早食いは太るもとと言われていますが、どうやらこれは本当のようです。早食いで困ることは、太るだけではなく、自分だけさっさと食べ終わるとガツガツしているような印象を与えて、品格が落ちてしまう可能性があります。早食いはダイエット...

股関節周りの筋肉をほぐすだけでダイエット効果が上がるのだったら、さっそく試してみたいものですね。床に座って、足を投げ出して前屈をすると、胸が太ももの前側にぴったりつくでしょうか。とんでもない!私なんて足のつま先でさえ手が届かない。いやいや、体が硬い以前に、お腹の脂肪が邪魔をして前に倒れることができない……。体の柔らかさを競争する時には、前屈をして体がどのくらい手前に倒れるかで競い合うことが多いです...