6月のお得なキャンペーン情報!

脚やせしたい女性に朗報です!

東京、神奈川、千葉、大阪、京都にお住まいの方はラッキー!

DD Laboのキャンペーンで、
こんなお得なキャンペーンを見つけてしまいました。

なんと!!!
2ヶ月無料体験!

↓詳しくは以下をタップ!
2ヶ月無料 脚やせ

ふくらはぎ痩せをご紹介!
ふくらはぎが太いと悩んでいませんか?

ふくらはぎ痩せで理想の脚に挑戦!!むくみ、脂肪太り、筋肉太り?

 

スカートを穿くときに「ふくらはぎ」はどうしても人目についてしまいます。

 

ただでさえ気になるふくらはぎなのに、夕方になるとさらにパンパンに膨れ上がって、夜のデートや飲み会が気になることもあります。

 

ふくらはぎは体の一番下にあるので、どうしても太りやすくなってしまいます。
でも正しく対処すると、1週間で2、3センチは細くなります。

 

それでは、ふくらはぎが太ってしまう原因や対処法を紹介して行きましょう。

ふくらはぎが太る原因

ふくらはぎは固く太っているタイプと、ぷよぷよにやわらかく太るタイプがあります。
どちらも、ふくらはぎが太る原因は大体同じです。

 

むくみ

ふくらはぎが太くなってしまう一番大きな原因が、むくみです。
自宅や職場などで1日中椅子に座る生活をしていると、ふくらはぎや足首が、常に体の中で一番下に来てしまうので、血流やリンパの流れが悪くなりむくみとなってしまいます。

 

脂肪太り

ふくらはぎは、脂肪がつきやすい部分です。
運動不足によりふくらはぎの筋肉が衰えて、脂肪細胞が肥大化して、ふくらはぎは脂肪でパンパンになってしまいます。

 

筋肉太り?

学生の頃スポーツで体を鍛えていた方や、ふくらはぎが固太りしている方は、ふくらはぎが太い原因を筋肉太りだと思ってはいませんか。

 

学生の頃、どんなに激しいトレーニングをしたとしても、それから運動してなければ筋肉は衰えてきます。

 

特に女性は、よほどハードなトレーニングを続けなければ、太くてたくましい筋肉を維持することはできません。

 

全く運動していないのに筋肉で太っているということは考えられないので、ふくらはぎが筋肉ぶとりだと思っている方は、おそらく脂肪や老廃物でふくらはぎの部分がカチカチになっている状態なのだと思います。

ふくらはぎのむくみを何とかしましょう

モデルでもバレリーナでも、どんなに足が細い方でもむくみはできます。

 

ただ、その日のうちにむくみを解消するので、いつも細い脚でいることができるのです。
私たちの今の脚の太さは、おそらく長年のむくみの積み重ねだと思われます。

 

時々脚がむくむ方は、日中の立ち仕事や椅子に座り続けることで夕方頃からふくらはぎが足首がパンパンになります。

 

しかし、そのままの状態で寝ると、朝起きる時に前日のむくみが解消しています。

 

これが、脚がむくみやすい生活を繰り返すと、朝になっても前日のむくみが解消しきれなくなります。
こうして毎日徐々にむくみが積み重なって、むくんだ足の太さに慣れてしまっているのでしょう。

 

今の脚の太さの大部分は、むくみだと思っていいと思います。
そうであれば、むくみさえとってあげれば、脚はかなり細くなることが期待できますね。

 

むくみになる原因

脚がむくんで困る子どもは少ないと思います。

 

大人になると、だんだんと筋肉の力が衰えてきます。
筋肉の重要な仕事のひとつに、血管を刺激して血液が流れやすくなるポンプの働きがあります。
筋肉はキュッキュッと血管を押して、静脈が心臓に戻りやすいように手伝ってくれています。
この筋肉ポンプの量が減ると、下半身の血液は重力に負けて、上半身に戻りにくくなります。

 

人の体は70%が水分でできています。水分は、血液によって運ばれます。
そしてその血液は、全身の70%が下半身に集中しています。
重力と筋力の衰えによって、下半身はむくみやすくなってしまいます。

 

ふくらはぎに老廃物がたまる

下半身の血流やリンパの流れが悪くなると、水分や老廃物は、正常に血管やリンパ管に戻ることができなくなります。
戻ることができなければ、太ももやふくらはぎに留まるしかありません。
こうして、毎日水分や老廃物が積み重なって、むくみとなっていきます。

 

不要な水分や老廃物を脚からなくせば、場所によっては2cm 〜5cm 細くなることができると思われます。

 

このむくみを取るには、マッサージを行なったり、トレーニングによって筋肉をつけていくしか方法はありません。

 

ふくらはぎのむくみを取る前に、足首とふくらはぎの部分のサイズを測っておきましょう。

 

美容面におけるふくらはぎの理想のサイズは、身長×0.2ですが、そのサイズにこだわる必要はありません。
とにかく今のふくらはぎのサイズが、生活習慣やマッサージによって、どのくらい細くなるのかを数値で確認しましょう。

 

生活習慣を変えましょう

むくみを取る一番楽な方法は、脚を上げることです。

 

仕事中でも自宅でも、可能な限り足を上げる努力をしましょう。

 

脚を上げると言っても、逆立ちをする必要はありません。
椅子の生活から床に座る生活に変えるだけで、かなりむくみを解消することができます。
太ももから下を、股関節の高さにまで持っていけば、むくみは解消します。

 

椅子に座る場合は、必ずオットマンのような台に脚を乗せましょう。

 

仕事中も台に足を乗せることができると良いのですが、さすがにそれは無理でしょうから、休憩中やトイレに立った時など、椅子を2つ用意して、脚を乗せてふくらはぎを下から上にこすり上げたり揉んだりする努力をしましょう。

 

お行儀が悪いですが、ランチタイムも脚を台に乗せて食事をすればかなり違います。

 

とにかく、毎日の生活を脚を高くするように考えると、できることはいろいろあると思います。

 

 

ストッキングを加圧タイプのものに変えても、むくみ解消につながります。
パンツスタイルの日であっても、加圧のストッキングを履きましょう。

 

 

常にふくらはぎがむくんでいる状態を放置すると、老廃物がふくらはぎの脂肪細胞のすき間に入り込み、コラーゲンと絡み合ってセルライトになってしまいます。

 

ふくらはぎの部分を、ぞうきん絞りのように両手でぎゅっと絞ったとき、肌の表面がボコボコしているようであれば、それはセルライトです。

 

セルライトは、一度できると素人ではなかなかもみほぐすことができません。
脂肪がセルライト化する前に、何とかしてむくみを解消しましょう。

 

マッサージは強めに行ないましょう

リンパマッサージは、足首からさすり上げるように行なうといいますが、むくみがひどい場合は、しっかりとマッサージをしなければ、筋肉のポンプの代わりができません。

 

病院に入院して手術を受けると、手術後ふくらはぎの部分に加圧ベルトが巻かれます。
このベルトの加圧のレベルは強くはありませんが、ふくらはぎがしっかり締め付けられます。
痩身エステでも、痩身の時のマッサージは、かなり強めに行います。

 

マッサージの目的は、固くなっている筋肉のもみほぐしと血行をよくすることです。

 

あまり面倒なやり方を考えなくても、気がついた時に脚を少し上にあげて、ふくらはぎの部分をかなりの力でグイグイと押したり、ぞうきんしぼりを行なうとよいでしょう。
オイルをつけると手がすべって力が入らないので、なにもつけずに行ないましょう。

 

バスタオルを4つにたたんでくるくると巻いて、膝のまうしろに当てて正座をすると、痛いですがふくらはぎや太ももの良いマッサージになります。

 

脂肪太りの原因

脂肪でふくらはぎが太っていると考えている方は、おそらくむくみと脂肪の両方で太っていると思われます。

 

ダイエットで部分的に痩せるということは難しいのですが、食事制限や有酸素運動などの全身運動方法によって、全身が痩せることによりふくらはぎも痩せてきます。

 

まずは、むくみを取りながら、ふくらはぎを中心とした正しいトレーニングを行いましょう。

筋肉太りの原因

筋肉太りだと思っている方のほとんどは、そうではない可能性が大きいです。

 

病気になって3日間寝たきりになると、筋肉が衰えてしまうといいます。
筋肉は、使わなければすぐに衰えてしまいます。私たちが太ってしまう原因も、筋肉が衰えてしまうことにあります。
女性は、男性よりも筋肉がつきにくい体をしています。女性のボディビルダーは、相当無理なトレーニングを重ねなければあの体は作ることはできません。

 

普通に生活をしている私たちで、ふくらはぎにだけ筋肉がついてしまうとは考えにくいので、筋肉のために太っていると思われるふくらはぎは、やはり老廃物と脂肪で硬くなってしまったと考えた方が良いと思います。

ふくらはぎを中心としたストレッチ

それではここからは、ふくらはぎに良い筋肉をつけるためのストレッチ方法と筋トレ方法をご紹介していきます。

 

バレリーナは細い足をしていますが、よく見るとふっくらとしている部分が全くないので、筋肉の上に脂肪が乗っていない状態の脚です。
頑張ってふくらはぎからむくみや脂肪をなくして、筋肉だけの美しい脚に仕上げましょう。

 

 

ふくらはぎのためのストレッチ方法はいくつかあります。

 

1 立ち上がって右足を前に出します。
2 左足のかかとを床につけたまま右膝を曲げていくと、左足全体が突っ張ってきます。
この状態を30秒キープしましょう。初めはほんの少し膝を曲げただけで、左足の後ろ側が突っ張り痛くなります。

 

これを1日1回2週間続けると、膝を曲げる角度が深くなり、左右の脚は開く幅が大きくなってきます。

 

毎日ストレッチを続けることによって、可動範囲が広がっていくので、それが大きな励みとなります。

 

 

このほかにも、階段のような段差を利用して、ふくらはぎをストレッチする方法もあります。

 

1 台の上(階段の段)に両足半分を乗せて、かかとの部分は浮いた状態にします。
2 かかとをぐっと下げていくと、ふくらはぎが突っ張る状態になります。そのままで30秒キープしましょう。

 

これは、本を10cmほど積み上げて、本の上に足先だけを乗せて立っても、同じような効果を期待することができます。

ふくらはぎの筋トレ

ふくらはぎに筋肉をつけるには、いつでもできる簡単なトレーニングで十分です。

 

いつでもどこでも、つま先立ちをしましょう。

 

ハイヒールを履いた状態でかかとを上げるのではなく、自分の足の力でかかとあげることが必要です。
電車の待ち時間や椅子に座っているときでさえも、かかとを上げて仕事をすれば、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

 

ふくらはぎを鍛えすぎて、むっちりした筋肉質の足になることは絶対にないので、安心してエクササイズを行いましょう。

心理的な作戦を取りましょう

ふくらはぎを細くしたい場合は、わざとふくらはぎを出すような服装を心がけましょう。

 

膝上のスカートを穿き、いつも鏡やお店のウィンドウに自分の姿を映しましょう。
自分の姿を遠くからじっくり見ると、気にしているふくらはぎの太さだけではなく、悪い部分が見えてきます。

 

ひざ下がO脚になっていませんか。
立ち姿は美しいですか。
背筋がピンと伸び、姿勢は正しいでしょうか。

 

いつもふくらはぎの太さのことばかり気にしていると、ふくらはぎさえ細ければと考えがちですが、脚の形や全身の姿勢などが美しければ、脚が多少太くてもそれが欠点とはなりません。

 

反対に、どんなにふくらはぎが美しくても、脚の形や姿勢が悪ければすべてが台無しになります。

 

また、脚の長さを変えることはできないので、靴を脚の色と同じにすると、つま先までが1本のラインとなり、脚が長く見えます。

 

普通のカラーのストッキングを履く時には、できるだけベージュ系の靴を履き、黒っぽいタイツの時には、黒っぽい靴を履くと、より脚が長く細く見えます。

まとめ

ふくらはぎの太さは、むくみによる場合がほとんどだと思われます。
むくみの解消は、努力次第で必ず効果が現われます。

 

椅子に座っている時には、何が何でも脚を下におろさない覚悟で、また、今日の脚のむくみを明日の朝には解消できるように、徹底的にケアをしてみましょう。
そして、そのついでに少しだけストレッチと筋トレを続けることによって、ふくらはぎはかなりのサイズダウンを期待することができると思います。

 

自分でふくらはぎ痩せは難しいと思う人は、痩身エステサロンを検討してみましょう。
最近はマシーンなどを使ったプロの技術が進んでいますが、その割には安く体験できるところも増えてきております。

 

人気の痩身エステ一覧