加圧トレーニングにダイエット効果は、なし!?

加圧トレーニングには、ダイエット効果があるのでしょうか。気になるところですね。

 

ひとつ言えるのが、正しい方法で行わなければ、「効果なし」どころか、逆効果になる場合があるということです。正しい知識を持つ人の下で加圧トレーニングを受けることがとても重要となります。そこでここでは、良いジムや痩身エステサロンなどもご紹介しますのでご安心ください。

もくじ

1.加圧トレーニングの口コミ・評判
2.加圧トレーニングとは
3.加圧トレーニングの効果
4.加圧トレーニングの危険性
5.加圧トレーニングでダイエット効果なし!?
5.1 ダイエットと筋肉の関係
5.2 加圧トレーニングで筋肉は増えない?
6.加圧トレーニングジム・スタジオ
7.加圧トレーニング痩身エステサロン
7.1女性専用加圧ダイエット痩身エステサロン
7.2メンズ加圧ダイエット痩身エステサロン
8.まとめ

1.加圧トレーニング口コミ・評判

まずは、加圧ダイエットの経験者の口コミから見ていきましょう。

評価△ 30代 男性

トレーニングジムで加圧トレーニングやりましたが、良い筋肉がつきました(笑)。ダイエットをするために行ったのですが、最後まで体重は落ちず、むしろ増えました。しかし、太ももを中心に筋肉がついたことによって、今までのぶよぶよした感じがなくなり、まあいいかなと思っています。

評価x 20代 女性

体験で加圧ベルトを腕にしばったら、手が猛烈にしびれて痛くなりました。病院で採血をする時に、ゴムのチューブでしばった時の痛みと同じです。全員が痛くなるわけではないそうですが、私は我慢ができずに、すぐに外してもらいました。私に加圧トレーニングは向いていません。

評価○ 50代 女性

膝が痛くてあまり激しい運動ができなかったので、整体の先生に薦められて加圧トレーニングを始めました。リハビリでも使うトレーニングだということで、膝に負荷がかからなかったので、痛みもなくトレーニングができました。3ヶ月ほど通って、膝はすっかり良くなりました。今では階段を駆け上がることもできて、ジョギングも心配なくできます。

評価x 30代 女性

気がついたら、痩せるどころか腕と太ももに硬い筋肉がついてしまいました。何だかがっちりとした腕になってしまい、困っています。この筋肉が脂肪に変わると、トレーニング前よりも太ってしまいそうな気がして、心配で仕方ありません。やらなければよかったと思っています。

評価○ 60代 男性

階段をあがったり、毎日の生活で立ったり座ったりすることが辛くなってきたので、加圧トレーニングを始めました。スタッフは親切で、決して無理な運動はしませんでした。おかげさまで、毎日の生活がスムーズになり、つまずいたりもしなくなりました。これで寝たきりが防げるかと思うとうれしいです。

評価○ 40代 女性

エステで勧められて、加圧とキャビテーションをセットにしたコースを受けました。寝たままでお腹の脂肪が落ちるということでしたが、本当にすっきりしました。お腹からはみ出た肉が、ジーパンの上に乗っていましたが、それが全くなくなり、若い頃のお腹に戻りました。

評価x 20代 男性

確かに運動時間は短くて楽でしたが、体全体に筋肉がついたかというとそれは疑わしいです。腹筋はほとんど鍛えられていないし、体重も少し増えました。腕立て伏せだけは、かなりの回数がこなせるようになったので、腕には筋肉がついたのだと思います。これから、普通のジムで本格的なダイエットやらなければなりません。何のために加圧トレーニングをやったのかがわからなくなりました。

評価x 20代 女性

ダイエットの目的でトレーニングジムに行きましたが、体重は減るどころか増えてしまいました。トレーナーの説明によると、脂肪よりも筋肉の方が重いから、体重は増えるのだそうです。確かに、体脂肪率は落ちました。でも、女性らしいすらりとした体型からはほど遠くて、満足はしていません。体脂肪よりも体重の方が落ちて欲しかったです。

口コミを見ると、加圧トレーニングの効果が両極端であることがわかります。ハードな運動ができない方にとっては、トレーニングで快適な生活を送ることができるようになってとても有効なようです。

 

一方、ダイエットの面からみると、手足に筋肉がつくだけで体重の変化がないとの声があります。なぜこのような声が上がるのか、考えてみましょう。

2.加圧トレーニングとは

◎加圧トレーニングは世界中で「KAATSU」として定着

加圧トレーニング方法は、日本人の佐藤義昭氏によって考案されたことはよく知られています。医療の現場でも、リハビリなどでこの方法が取り入れられ、加圧トレーニング統括指導者、加圧トレーニング准統括指導者、上級加圧トレーニングインストラクター、加圧トレーニングインストラクターの資格保有者たちが活躍し、海外でも「KAATSU」の名で有名になっています。

 

◎加圧トレーニングで筋力アップ、脂肪燃焼、成長ホルモン増大

加圧トレーニングとは、腕のつけ根や脚のつけ根に特殊な加圧器具をつけて、強制的かつ適切に血流を制限した状態でトレーニングを行います。

 

専用ベルトを装着!

専用のベルトをつけて加圧をすると、腕や脚に多くの血液が滞留し、毛細血管の隅々まで血液が流れるようになります。

 

加圧によって、体中隅々まで血液が流れる

その状態でトレーニングを行うと、軽い運動でも筋繊維が総動員され、しかも血流が十分でないので適度な酸素不足となり、血中の乳酸が上昇します。その増えすぎた乳酸が筋肉内を刺激して、成長ホルモンの分泌を促進させます。
(※筋繊維とは、骨格筋を構成する細胞のことです。)

 

加圧トレーニングの作用で成長ホルモンアップ!

成長ホルモンが増えると、効果的に体脂肪を燃焼させることができ、分解された脂肪は血液の中に流れ込みます。さらに、体中に回った成長ホルモンは、体内で様々な働きに効果的な影響を与えます。

3.加圧トレーニングの効果

◎加圧トレーニングで毛細血管が増え、血行促進

血液は、心臓から送り出されて大動脈を通り、全身をかけ巡り、静脈を通って心臓へ戻ります。

 

心臓カテーテルは、脚のつけ根や腕のつけ根からの施術方法ですが、それは、この2か所には太い動脈が通っているからです。また、太い静脈も通っているので、この2箇所を加圧することにより、心臓より上の部分は一時的に血流が少なくなります。

 

すると、脳は危険を感じて、血液をたくさん流すように心臓に命令します。その結果、血液の量が増え、毛細血管にまで血液が行き渡り、血管が広がります。こうして加圧をしたり辞めたりを繰り返して毛細血管の数が増え、血行が良くなっていきます。

 

◎加圧トレーニングで血管が若返る

年をとると血管は硬くなり、血液を送る力が弱くなります。血管の中の細胞は、血管の硬さやわらかさを調節したり、血管の壁に炎症が起きないように調節を行っています。加圧トレーニングを継続的に行うと、血管内の細胞が若返り、細胞数が増えるという効果があります。

 

◎加圧トレーニングで速筋と遅筋の両方を同時にトレーニング

筋肉には、速筋と遅筋の2種類があります。速筋は、負荷をかけた少し大変なトレーニング、つまり無酸素運動によって鍛えることができ、遅筋は、軽いトレーニングを長時間続ける、つまり有酸素運動をすることによって鍛えられます。

 

速筋→多少ハードな運動、無酸素運動で鍛えられる

遅筋→のんびり長時間の運動、有酸素運動で鍛えられる

 

従って、普通は、速筋と遅筋の両方を同時に鍛えることはできませんが、加圧トレーニングをすると血液の量が減るので、遅筋の酸素の量が足りなくなってしまいます。この状態は、負荷をかけた大変なトレーニングをしているのと同じ状態になります。そのため、加圧トレーニングをすると、負荷が軽くても、速筋と遅筋の両方を同時に鍛えることができます。

 

加圧トレーニングは、短時間(10〜15分)のトレーニングでOK!

 

◎加圧トレーニングで成長ホルモンアップ

トレーニングをすると、筋肉のエネルギーとして使われている糖質が分解して、乳酸が作られます。乳酸が増えると、成長ホルモンやアドレナリンが十分分泌されるようになります。

 

加圧トレーニング中は、この乳酸のできるスピードが急速に早くなるので、成長ホルモンが大量に分泌されることになります。この成長ホルモンは、肥満改善、老化防止、美肌などが期待できる強力なホルモンです。

4.加圧トレーニングの危険性

加圧トレーニングは、専門のトレーナーについて行わないと、非常に危険なトレーニング方法です。

 

災害が起きたとき、テレビのニュースでは、車の中で避難生活をし続けている方に対して、同じ姿勢で座り続けることは危険であるから、十分注意するよう再三注意を繰り返します。
気をつけていても、急に具合が悪くなったり、最悪の場合、亡くなる方もいらっしゃいます。

 

これは、シートに長時間座り続けることにより、脚の血の流れが悪くなり、静脈の中に血のかたまりができてしまうからです。この血のかたまりは、立ち上がったり歩いたりすることをきっかけに、脚の血管から離れて血液の流れに乗ります。血のかたまり(血栓)は肺に到達し、肺の動脈を塞いでしまいます。これはエコノミークラス症候群と言って1980年〜90年頃からよく知られる言葉となりました。

 

加圧トレーニングによって血の流れを悪くする時間が長くなると、このエコノミークラス症候群の症状になってしまいます。現在加圧トレーニングは、資格を持ったインストラクターの下で行わなければならないことになっています。正しい方法でトレーニングをすれば、危険なことはありません。

 

しかし、正式な加圧トレーニングの器械は高額です。中には、適当な器械を使い、資格のないインストラクターがトレーニングを行うジムもあると聞きます。加圧トレーニングのジムや痩身エステに行く場合、正式なインストラクターの証明書がきちんとあるかどうかを確認しましょう。

 

「日本加圧トレーニング学会のロゴマークがある認定のトレーニングジムであることを確認しましょう。」
ロゴマークはこちらで確認することができます。(日本加圧トレーニング学会)

 

また、加圧トレーニングは、マンツーマンで指導を行うことになっています。グループレッスンでは指導ができないことになっているので、その点もきちんと確認しましょう。

 

それから、インターネットで販売されている、偽造品の加圧ベルトを使うと危険なので注意しましょう。ましてや、自分で紐やチューブを使って手足を縛り、トレーニングを行うなど言語道断です。

5.加圧トレーニングでダイエットはできない!?

さて、今回のテーマで一番注目される、加圧トレーニングでダイエットができるのかどうかについて検証します。

 

5.1 ダイエットと筋肉の関係

ダイエットは、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることによってのみ成功します。

 

私たちは、体重が増えるとあわてて食事制限をして、摂取カロリーを減らすことによって体重を落とします。しかし、元の食事に戻すとあっという間に体重は戻り、むしろリバウンドをしてダイエットには失敗をします。

 

正しいダイエット方法は、消費カロリーを増やすことを前提とします。

 

人の消費カロリーは、その70%は基礎代謝によるものです。基礎代謝とは、生きていくための最小限に必要なエネルギーのことです。何もしなくても、食べた食事の70%は自然に消費されて、残りの30%を運動や生活エネルギーとして消費しますが、使い切れなかったエネルギーは、脂肪として蓄えられます。

 

ダイエットのためには、この基礎代謝をいかに増やすかが重要となります。基礎代謝が増えれば、寝ているだけでもエネルギーを消費してくれるため、その日のうちにエネルギーをすべて使い切ることができるのです。

 

基礎代謝の多くは、筋肉が消費します。筋肉量が多ければ、消費されるエネルギーが増えます。これが、ダイエットをするには筋肉を増やさなければならないという理由になるのです。

 

5.2加圧トレーニングで筋肉は増えない

筋トレで、筋肉に大きな負荷がかかると細胞単位で傷ができ、その傷を修復するときに、筋肉の繊維が以前よりも太くなります。この繰り返しで、トレーニングを積み重ねることによってのみ、少しずつ筋肉の量が増えていくのです。

 

加圧トレーニングは、成長ホルモンは増えますが、筋肉をいじめるような運動(大きな負荷)がありません。アスリートではない一般の人たちにとっては、負荷のかからない、そして筋肉の損傷が少ないトレーニング方法では、決して筋肉は増量しないのです。

 

加圧トレーニングは、スポーツ選手やアスリートのように、持久力がある(乳酸耐性のある)筋肉をつけることには非常に効果的だといわれています。筋肉は、重力以上の負荷をかけることによって増える性質を持っています。また、成長ホルモンが筋肉増加の大きな助けとなります。しかし、成長ホルモンを増やすことだけで痩せることはありません。

 

有酸素運動などの筋肉トレーニングや、正しい食事管理、生活習慣の改善など、総合的に考えてダイエットは成功するものなのです。

 

加圧トレーニングをすべて否定するのではなく、ダイエットのための筋力トレーニングは100%加圧トレーニングに頼らないで、3〜4回に1度くらいの割合で行いましょう。たまに楽をするという程度で加圧トレーニングを取り入れると、ダイエットを根気強く続けることができると思います。

6.加圧トレーニングジム・スタジオ

都内にある加圧スタジオです。住所は代表店舗のみを記載しました。

 

からだPia

完全個室のプライベートトレーニングジムです。加圧トレーニングインストラクターによる、安全かつ効果的な指導になります。ジムでは正式な加圧ベルトの販売も行っています。

 

・加圧トレーニングのみ 5,000円(45分) 7,500円(60分)
・加圧スーツ 3,000円(30分) 6,000円(60分)

 

港区西麻布1-11-6  ホテル&レジデンス六本木 1008号室

 

からだPiaの口コミ・評判

 

加圧スタジオB&B

セットアップやダイエット、筋力アップなどを希望している方にお勧めです。加圧トレーニング以外にも、コアトレーニング、有酸素運動などたくさんのメニューがあります。

 

入会金10,000円
加圧トレーニングコース 料金 7,500円(60分)

 

錦糸町スタジオ
墨田区錦糸2-4-10 ライオンズマンション錦糸町302

 

 

加圧トレーニングのコスモス

加圧トレーニング正規認定施設です。正規加圧ベルトをもらえるチャンスもあります。

 

入会金50,000円
加圧トレーニング 28,000円〜32,000円(月4回)
店舗によってコース内容が変わります。

 

自由が丘店 目黒区自由が丘1-14-7 グレッグビル2F「west」

 

 

BBV ola ビービーヴィ オラ(BODY by VITAL ola)

美しくしなやかな体を作るための、女性の専用のフィットネスジムです。

 

入会金20,000円
レギュラー45 36,000円(45分月4回)
レギュラー26,000円(30分月4回)
モーニング20,000円(30分月4回)
デイ18,000円(30分月4回)

 

渋谷店 渋谷区渋谷1-14-11 ビーシーサロン 4・5階

 

 

加圧トレーニングジム DEUX

加圧トレーニング以外にも、筋トレ用のマシンやベンチプレス、ドレットミルやクロストレーナーなどの有酸素運動マシンもあります。

 

加圧マスター7,560円
加圧マスターミニ6,480円

 

自由が丘店 目黒区自由ヶ丘1-15-10 ジュンビル2F

7.加圧トレーニング痩身エステサロン

痩身エステの特徴は、寝たままの状態で、専用マシンやハンドマッサージによって脂肪の融解・排出、さらに筋肉運動をしてくれます。

女性専用加圧ダイエット痩身エステサロン

加圧ビューティーテラス

加圧、ストレッチ、小顔・骨盤、エステのビューティーコラボレーションです。

 

加圧+小顔or骨盤スリム 19,440円
脂肪燃焼コース(加圧+痩身エステ)19,440円
など コースは多数あります。

 

表参道本店 渋谷区神宮前4-3-4東京ソワール表参道ビル3F(スターバックス上)

 

加圧ビューティーテラスの口コミ・評判

 

たかの友梨加圧トレーニング

曜日限定で、ストレッチやボディトリートメント、キャビテーションなどとの組み合わせができます。

 

入会金30,000円
料金8,000円(月・木・土曜日)
料金10,000円(水・金・日曜日)

 

六本木店 港区六本木6-1-26 六本木天城ビル8F

 

たかの友梨の口コミ・評判

 

PMK

美容加圧、EMS 筋肉運動、空気圧矯正の3種類で大量の成長ホルモンを分泌させるPM K最高痩身メニューです。

 

18,000円(80分)

 

THE SLIM PMK銀座店 中央区銀座3-2-12 全研ビル8F

 

PMKの口コミ・評判

 

カルド池袋

ホットヨガが苦手な方にお勧めです。

 

入会金10,800円
事務手数料5,400円
月会費19,749円(30分月4回)

 

豊島区南池袋1-16-18 フェイス池袋8F・9F

 

カルドの口コミ・評判

 

 

加圧ダイエットラボ

加圧と様々な悩みや希望をセットにしたコースがあります。

 

加圧+小顔or骨盤スリム 19,440円
加圧+腸もみ(腸セラピー)ダイエットコース19,400円
他にもたくさんコースはあります。

 

銀座店 中央区銀座二丁目7番18号 メルサGinza-2 3F

 

 

メンズ加圧ダイエット痩身エステサロン

男性用の加圧を使った痩身エステサロンは、まだまだ少ないようです。

 

たかの由梨

女性コースと同じです
たかの友梨の加圧トレ、口コミ・評判

 

加圧メンズテラス

加圧とさまざまな痩身コースの組み合わせを選べます。

 

加圧トレーニング( 30分) \9,720
加圧+パーソナルストレッチ( 60分)\16,200
加圧+キャビテーション (60分) \19,440
加圧+ラジオ波( 60分)\19,440
加圧+EMS (60分) \19,440 \7,500
加圧+メンズ整体(骨盤)(60分) \19,440 \7,500
加圧+メンズ整体(小顔)( 60分) \19,440 \7,500
加圧+DREI(選べる1部位)(60分) \25,920 \7,500
加圧+CRY-O(選べる1部位)(60分) \36,720

 

豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店3F11番地

8.まとめ

加圧トレーニングは、単独で行うのではなく、普通のトレーニングと組み合わせて行えば身体にも負担がかからず、忙しい方でもダイエットが続けられそうです。

 

ただ、多くの方は、基本的にダイエットは苦労をしなければできないと言います。地道に身体に負担のかかるトレーニングを続けて、美しい体型に持って行きましょう。