洋服の上からでもわかっちゃう脇や背中のハミ肉!なくしてスッキリ背中美人

ちょっと薄めの洋服を着ると、ブラからはみ出したぜい肉が目立ってしまいます。

 

自分の後ろ姿は気が付きませんが、誰かの脇や背中のハミ肉をみたら要注意!!さっそく引き締めダイエットを行ないましょう。

もくじ

 

1 脇や背中のハミ肉の原因
2 ブラジャーのサイズを見直す
3 脇のストレッチと筋トレ方法
4 背中のストレッチと筋トレ方法

脇や背中のハミ肉の原因

脇のハミ肉が十分育った状態でブラジャーを着けると、ブラジャーの脇から背中の部分に脂肪がくい込んで、山の中を走る1本道のようになってしまいます。

 

脇のハミ肉の一番の原因は、脂肪のつきすぎといえますが、脇に関しては、もう1つ特有の原因があります。

 

それは、ブラジャーのサイズが合っていないのではないかということです。

 

ブラジャーのサイズが合わないと、バストの肉が脇や背中に流れてしまい、流れたままその場にとどまってしまいます。

背中のハミ肉

背中のハミ肉の主な原因は、背中の筋肉が年々衰えていくことがあげられます。

 

筋肉が衰えて、その場所に脂肪が乗ることによって、背中は全体的にたるんできます。

 

しかも、脂肪はぷよぷよとやわらかいので、ブラジャーに押しつけられると、押し出されてはみ出したようになってしまいます。

 

また、猫背も背中に無駄な脂肪がつく原因となります。

 

猫背になると、背中がゆがみ、肩甲骨周りに脂肪が増えていきます。

 

デスクワークが多いと、同じ姿勢でいる時間が長くなります。すると、背中の筋肉が硬くなり、血行が悪くなって脂肪がつきやすい状態になります。

ブラジャーのサイズを見直す

ブラジャーを買う時には、毎回フィッティングをして、できればプロのフィッターに見てもらいましょう。

 

まずは胸のトップサイズの採寸ですが、立ったままでトップを測ると、胸が垂れている状態で測ることになるので、必ずおじぎをして測りましょう。

 

カップの中にバストを収める時、バストが脇に流れてしまうので、反対の手でバストをしっかりカップの中に収めましょう。

 

そして、下着のワイヤーのカーブの部分が、自分の胸に合っているかどうかを鏡で確認しましょう。

 

もしカップが大きすぎたり小さすぎた場合は、カップのサイズを変えたり、アンダーをワンサイズ変えてみましょう。

 

アンダーをワンサイズ変えたときには、カップの大きさも変えましょう。

 

75のCカップと80のCカップでは、カップの大きさが違います。必ずアンダーとカップのサイズをいろいろ変えて、フィッティングをしてみましょう。

脇のストレッチと筋トレ方法

小・中学校のラジオ体操以来、脇を伸ばしたことがあるでしょうか。

 

普段の動作で、脇を伸ばすという動きはあまりありません。せいぜい高いところのものを取る時ぐらいしか、脇は伸ばさないものです。

 

これが、脇にぜい肉がつきやすくなってしまう原因の1つです。

 

脇をストレッチして、さらに軽い筋トレを行なって、脇の筋肉を引き締めていきましょう。

脇のストレッチ1

1 両腕の肘を曲げて、横に大きく広げます。頑張る!というときにとるポーズです。

 

2 そのまま腕を上げて、頭の後ろで交差させましょう。脇がつっぱったら、30秒キープしましょう。

脇のストレッチ2

ラジオ体操の中の1つのポーズをやってみましょう。
1 脚を開いて左手を腰に当てます。

 

2 右手をあげて、体を左側に倒しながら、脇を十分伸ばしましょう。
ラジオ体操のように反動をつけなくても良いので、体を横に倒して、脇が伸びたら10〜20秒キープしましょう。普段脇を伸ばすことがないので、これだけでも結構きつく感じます。

脇の筋トレ1

ダンベルか水の入ったペットボトルを用意しましょう。

 

1 椅子の上に右手と右膝をつきます。

 

2 左手にペットボトルを持って、ゆっくり下げていきます。

 

3 下がりきったら、ゆっくりと肘を曲げて、ペットボトルを胸まで寄せましょう。両腕でそれぞれ20回程度行ないましょう。

 

手を下に下げるときには、多少体をひねって、肩から思い切り下に下げるようにしましょう。

脇の筋トレ2

1 床に横向きに寝ます。脚はまっすぐ伸ばしておきます。

 

2 肘をついてお尻を上げて、体が一直線になるようにキープしながら30秒がんばりましょう。

背中のストレッチと筋トレ方法

背筋を鍛えるというと、ちょっとハードなイメージがありますが、拍子抜けするくらいに簡単なものばかりです。

 

背中のストレッチ1

背中は手が届かない部分なので、なかなか自分でマッサージをすることができません。そこでテニスボールを使って背中の筋肉をほぐしましょう。

 

1 床に仰向けに寝ます。

 

2 テニスボールを背中と床の間に入れて、ボールの上でゴロゴロと背中を動かしましょう。

 

立っている状態で、壁と背中の間にテニスボールを入れて体を動かしても、背中に刺激を与えて血行をよくすることができます。

背中のストレッチ2

1 先程の脇ストレッチのときの、頑張る!ポーズをとります。

 

2 そのまま両腕を背中の方に寄せていきましょう。肩甲骨を中心に寄せるように意識をして行ないましょう。

背中の筋トレ1

1 床の上にうつ伏せに寝ます。

 

2 腕を横に開いて、そのまま軽く上体を反らせましょう。
初めはほとんど上がりませんが、慣れてくると胸まで上がるようになります。

背中の筋トレ2

1 床の上にうつ伏せに寝ます。

 

2 両手をついて上体を持ち上げます。
たったこれだけですが、背中の筋肉は上半身を反らすことで鍛えることができます。

背中の筋トレ3

1 床の上で四つんばいになります。

 

2 片方の脚を、胸に向かって引き寄せます。

 

3 次に、その足を伸ばして床と水平にします。このとき、顔を上に上げて背中を反らせましょう。

 

このトレーニングでは、背中やお尻の筋肉も使うことができるので、ヒップアップの効果もあります。

 

脇や背中に脂肪がつくと、かなり目立って太って見えますが、自分ではなかなか気がつかない部分です。

 

脇や背中の脂肪は皮下脂肪なので、スッキリするには少々時間がかかります。

 

ストレッチと筋トレを毎日欠かさず行なって、正しい姿勢を持つことによって、脂肪を落としていきましょう。