低インスリンダイエットで体重は落ちるか?

低インスリンダイエット(低インシュリンダイエット)は、カロリーコントロールよりも健康的に体重を落とすことができます。

 

空腹を感じることなくダイエットを成功させるために、食べ方の工夫をしてみましょう。

 

低インスリンダイエットは、 GI 値を基本としたダイエット方法です。
毎回の食事の食材に気をつけることが重要です。

低インスリンダイエットとは

低インスリンダイエットの説明の前に、まずインスリンの働きについて説明をしていきます。

 

そもそもインスリン(インシュリン)って何?

私たちが口から入れる栄養素の中で、ブドウ糖は最も大切なエネルギーのひとつです。
炭水化物のお米やパンや果物などを食べると、小腸でブドウ糖に分解・吸収されて、血液の中に入ります
そして全身に配達されて、筋肉や脳でエネルギーとして使われます。
このとき使い切れずに余ったブドウ糖は、脂肪やグリコーゲンとして蓄えられます。
エネルギーが必要になった場合には、蓄えられていた脂肪やグリコーゲンが再利用されます。

 

ブドウ糖は体にとって大切な成分なので、血液中の糖分の量(血糖値)が、あまり変化しないように気をつけなければなりません。
そのパトロールをしているのがインスリンです。
インスリンはホルモンの一種で、食事によって血糖値が高くなるとすい臓から出動して、ブドウ糖がグリコーゲンや脂肪となって肝臓や脂肪に蓄えられるように命令をします。
インスリンは、血糖値が低い時には出動はしません。

 

とにかく、血液中の血糖値を一定にしなければならないので、食事をすると、筋肉や脳ではブドウ糖を取り込むようにがんばって、インスリンはブドウ糖からグリコーゲンや脂肪が作られるようにがんばって命令を下します。
食べ過ぎや運動不足になって内臓脂肪がたまると、脂肪細胞からインスリンの敵が出動して、インスリンのパトロールを邪魔します。
すると、血液中の糖分が増えすぎて(高血糖)、糖尿病に近づいてしまいます。
このように、内臓肥満によりインスリンのパトロールができない状態を、インスリン抵抗性と呼びます。

 

インスリン抵抗性になると、パトロールをしにくくなったインスリンを補うために、続々とインスリン部隊が援護のために出動します。
これが高血圧や肥満などの原因となってしまうのです。
この状態をメタボリックシンドロームと呼びます。

 

カロリーでダイエットの危険性

私たちは体重が増え過ぎると、とりあえず食べる量を少なくします。
少なくするものの代表としては、甘いお菓子やご飯になります。
ところがご飯にはブドウ糖が含まれていて、この糖分は脳や筋肉に行き渡りエネルギーとして使われるため、カロリー制限をすると筋肉が痩せてしまったり、体力がなくなってしまいます。
そのため、カロリー制限のダイエット方法は、むしろダイエットではなくなってしまいます。

低インスリンダイエットの方法

低インスリンダイエットは 、GI 値の低いもの食べて、体の中の血糖値があまり上がらないようにするダイエット方法です。

 

GI 値とは一体何のことでしょう。

 

インスリンダイエットでは、 GI 値を基準として考えます。
GI 値(グリセミック指数)は、食事をした時の血糖値の上がり具合を数値(指数)で表わしたものです。
この数字が多いとインスリンの出動が多く、脂肪を作りやすくなってしまい、ダイエットの敵となります。

 

血糖値が上がるスピードは、食材によって異なります。そのために低インシュリンダイエットでは 、GI 値を基にして、血糖値が上がるスピードが遅い食べ物を積極的に食べるようにします。

 

高カロリー食品が高い GI 値であるとは限りません。
たとえば、体のために良いと思っていたにんじんは、かなり高めの GI 値で、太りやすいイメージのさつまいもは、にんじんよりもずっと低いGI 値です。

 

GI 値は、それぞれの食材で調べていかなければなりません。

低 GI 値の主食

GI 値とは、ブドウ糖を基準100として、それぞれの食品を数値として表わした指数です。
GI 値60以下のものを基本として食べていけば、低インスリンダイエットになります。
かっこのなかはカロリーです。

 

高GI 値

*ご飯(白米)84(168) *フランスパン93(279) *食パン91(264) *うどん80(270)

 

低 GI 値

*玄米56(165) *ライ麦パン58(264) *スパゲティ65(149) *中華めん61(281) *そば59(274) *春雨32(342)

 

低GI 値であれば何を食べても良いというものではありません。やはりカロリーも考えながら、できるだけ高カロリーにならない食べ方をしたいものです。

 

GI 値とカロリーを考えると、主食は玄米が最も優秀です。
その次はスパゲティですが、スパゲティは上に乗せるものによって GI 値やカロリーが大きく変わってきます。
健康とダイエットを考えると三食玄米にすることが一番ですが、玄米はかたくて癖があるのであまり食べられないという方でも、できるだけ一食は玄米にするようにしましょう。玄米がそのまま食べられないようでしたら、玄米餅でもいいでしょう。

 

主食は白いものではなく、茶系のものと覚えておきましょう。

カレーやシチュー

*豚肉もも45 *じゃがいも90 *にんじん80 *ウインナー46 *ソーセージ46

 

*鶏もも45 *大根26 *大豆30 *かぶ25 *なす25 *レンコン38 

 

手軽でおいしいカレーやシチューの野菜はじゃがいもやにんじんを減らして、なすやレンコンやかぶを入れて野菜の分量を増やしましょう。
豚肉、鶏肉やソーセージはGI 値が同じくらいですが、鶏肉はたんぱく質の量が多いので、豚肉よりもお勧めできます。

朝食をしっかり食べる

低インスリンダイエットだけではなく、食事によるダイエット方法を採り入れない方でも、朝ご飯はきちんと食べましょう。
朝ご飯を抜くと、12時頃にはかなりお腹がすきます。
そこで、昼食を早食いしたりたくさん食べると、血糖や中性脂肪が一気に上昇して、インスリンが大活躍をしてしまって、内臓脂肪に蓄積される量が大幅に増えてしまいます。

 

朝食は、夕食から何も食べていない時間が長く、1日のエネルギー源になるので、あまり GI 値も気にする必要はありません。
どちらかというと、できるだけ高たんぱくの食品をしっかり食べましょう。
ご飯やパンは白いものでも大丈夫です。卵や納豆やお豆腐などをきちんと食べて、できればサラダで食物繊維をたっぷり摂ると、糖分や脂肪の吸収が穏やかになります。

夕食は軽めに

夕食のあと活発に動くことはあまりないので、 GI 値に気を配った食材を多めに食べましょう。

 

玄米が好きではない方は、夕食は白米にするか五穀米などにします。
日本酒やビールやワインなどは 、GI 値が低いので多少飲んでも差し支えありません。
スパゲティにする場合は、具材に和風のものやナスやトマトをたくさん使ったものがお勧めです。

 

食後おなかがすいてしまった時には、トコロテンや温めた牛乳などがお勧めです。

適度な運動もしましょう

毎日GI 値の食品を選んで食べているからと言って、それだけでダイエットは成功しません。
食事に気をつけながら運動もしていかなければ、良い筋肉がつきません。
ダイエットは、どれだけ運動したかによって、成功率や期間が決まります。
1か月でダイエットをしたいからと言って、低 GI 値でしかも低カロリーの食品ばかりを食べて、必死に運動しても長続きはしませんし、体調が悪くなるばかりです。
一番簡単にできるトレーニングはウォーキングです。万歩計を使って今までよりも1,000歩でも2,000歩でも多く歩いて、脂肪を消費しましょう。

 

とはいいましたが、無料でできるダイエットは、無料であるがためカンタンにやめてしまうのも事実。
そう、長続きしないんですね。
反対に高いお金を払うと「元を取りたい」という気持ちが働き、成功確率がグンとあがるも事実です。

 

なので、絶対に痩せたい人は、プライベートジムなどにドンとお金を払ってダイエットに挑戦するのが良いでしょう。

まとめ

今回の低インスリンダイエットは、健康的に痩せることができる方法だと思います。
しかし、にんじんやじゃがいもも嫌わないで、食べる時間を工夫して、どの食品も平均して食べるようにしましょう。
そして、歩く時間を増やすことによって、均整のとれた筋肉をつけて、すらりとした美しいボディになりましょう。