エア自転車こぎを行なって自宅で有酸素運動ダイエット

空中で自転車こぎのように脚を動かすと、下半身のダイエットに効果的です。

 

気がついたときに床の上にコロンと転がって、10分ほど自転車をこぐだけで立派な有酸素運動になります。

 

今回は、エア自転車こぎのたくさんあるよい効果をご紹介して行きます。

もくじ

1.下半身は太りやすい
2.エア自転車こぎは有酸素運動
3.エア自転車こぎのメリットと効果
4.エア自転車こぎの消費カロリー
5.エア自転車こぎの方法

下半身は太りやすい

女性は、女性ホルモンがたくさん分泌されます。

 

女性ホルモンは、余計な脂肪が体につくことを抑える働きがある一方、下半身、特にお尻や太ももに脂肪がつきやすくなります。

 

この脂肪は、授乳期以外には自然に減ることはありません。

 

従って、女性であるからには、下半身に脂肪がつきやすいのは仕方がないことなので、これを取り除くには、筋トレを行なうしか方法がありません。

 

お尻や太ももや二の腕につく脂肪は、皮下脂肪です。

 

皮下脂肪は、貯蓄タイプの脂肪なので、滅多なことでは分解されません。

 

一方、お腹には皮下脂肪と内臓脂肪がつきます。

 

内臓脂肪は、つきやすくて分解しやすいので、体の中にエネルギーが足りなくなったときには、まず内臓脂肪が使われます。

 

そして皮下脂肪は、飢餓状態になったときのために大切にとっておかれます。

 

従って、皮下脂肪は食事制限だけで落とすことができません。

 

食事の量はいつもよりも少し減らして、筋肉をつけることによって基礎代謝を上げて、ようやく皮下脂肪が減っていきます。

 

ダイエットに一番効果的なトレーニング方法は、まず有酸素運動を行なうことです。

 

また、女性は男性に比べて、筋肉をつけるホルモンがほとんどありません。

 

ですから、エア自転車こぎや筋トレなどを必死に行なっても、太ももに筋肉がつきすぎて困ることは絶対にないので、安心しましょう。

エア自転車こぎは有酸素運動

有酸素運動とは、酸素を体に取り込んで、運動のために発生した乳酸と合成されることによって新しいエネルギーを生み出す運動方法です。

 

酸素と乳酸が合成される時には体の中の脂肪を燃焼させるので、有酸素運動は脂肪燃焼タイプの運動方法であると呼ばれています。

 

有酸素運動には、ウォーキングやジョギングや水泳などがありますが、どれも息を止めて行なう運動ではなく、お年寄りでも行なうことができる、ゆったりとしたタイプの運動になります。

 

そして、自転車も立派な有酸素運動になります。

 

しかし、いつでも簡単に外に出かけるわけにはいかない方にとっては、自転車によって有酸素運動を取り入れることができません。

 

そのような方には、自宅でのエアロバイクやエア自転車こぎをお勧めします。

 

エア自転車こぎは、酸素を十分吸い込んでゆっくりと行なうことができる、自宅でいつでも行える有酸素運動です。

エア自転車こぎのメリットと効果

太もも痩せ

太ももの前には大腿四頭筋、後ろ側にはハムストリングスと、体の中でとても大きな筋肉がついています。

 

エア自転車こぎでは、太ももの筋肉を大きく動かすことができます。

 

太ももの筋肉を鍛えることによって、余分な脂肪が燃焼され、太ももが細くなるだけでなく、全身の脂肪が消費されるので、ダイエットの効果が大きく期待できます。

重力がかからない

エア自転車こぎの運動中には、膝や股関節に体重がかかりません。

 

体重が増え過ぎると、知らないうちに膝や股関節に大きな負担をかけることになります。

 

股関節の痛みは、女性の中でもかなりの方が抱えている悩みです。

 

エア自転車こぎは、床に寝て足を上げて行なう運動なので、膝や股関節に脚の重さ以外の力はかかりません。

 

重力と言う負担が少ない中で行なうトレーニングなので、安心して行なうことができます。

 

また、足を上げてトレーニングをすることによって、ふくらはぎや太ももにたまったむくみを解消することができます。

 

日中脚を下に下ろす生活を続けていると、下半身に血液やリンパ液がたまりやすくなります。

 

すると、細胞内の水分や老廃物が血管やリンパ管に戻ることができず、むくみとなって体の中に残ります。

 

1日に何回か脚を上に上げることにより、血液が上半身に戻りやすくなって、むくみが解消されます。

ぽっこりお腹が治る

エア自転車こぎによって股関節を大きく動かすと、お腹の奥深くにあるインナーマッスルを鍛えることができます。

 

インナーマッスルは「姿勢保持筋」と呼ばれていて、関節同士をきちとつなげて、姿勢を正しく保って安定させる働きをしています。

 

インナーマッスルが鍛えられると骨盤が安定して、下がり気味の内臓が、お腹の筋肉によって上に上がっていきます。

 

すると、ぽっこりしていた下半身がすっきりとして、姿勢も美しくなっていきます。

ふくらはぎや膝周りもスッキリ

太ももの筋肉がしっかりすることにより、膝の周りのたるんだ筋肉が引っ張り上げられて、ひざ周りがスッキリします。

 

また、むくみがなくなるので、ふくらはぎが一回り細くなります。

基礎代謝が上がる

体の中で大きな筋肉は、太ももの筋肉と胸の筋肉と、背中の筋肉です。

 

このうち、太ももの筋肉を鍛えることによって、基礎代謝を大きく上げることができます。

 

基礎代謝が上がれば、何もしていなくても筋肉がカロリーを消費してくれるので、今までと同じものを食べていても、痩せ体質に持っていくことができます。

エア自転車こぎの消費カロリー

エア自転車こぎによる消費カロリーは、ほとんど期待ができません。

 

10分行なっても40kcal程度の消費しかありません。

 

しかし、もともと人間の体は、運動によって消費されるカロリーはそれほど多くはありません。

 

全消費カロリーのうち、たった30%が運動によって消費されるカロリーです。

 

残りはほとんどが、基礎代謝による消費になります。

 

これで、ダイエットのためには基礎代謝を上げることが重要であることがわかります。

 

従って、ダイエットのための運動を行なう時には、あまり消費カロリーを期待せずに、筋肉をつけることをメインに考えましょう。

エア自転車こぎの方法

一番一般的なエア自転車こぎの方法

1 床に仰向けに寝ます。
2 腰から持ち上げて、腰に手を当てて体を支えます。
3 できるだけ足をまっすぐにして、つま先までしっかり伸ばして、足で天井を突き破るくらいに、まっすぐ垂直に自転車こぎを行います。

腰が心配な方のエア自転車こぎ

腰痛が心配な方は、お尻は床につけたまま、脚だけを上に上げて交互に動かし、自転車こぎを行いましょう。

腹筋を使うエア自転車こぎ

お尻は床につけたまま脚を45度上げて、その状態で自転車こぎを行います。

 

自転車こぎのようにグルグル脚を回さなくても、左右の足を交互に曲げたり伸ばしたりするだけで効果があります。

インナーマッスルを意識したエア自転車こぎ

1 床の上に脚を伸ばして座ります。
2 両手をおしりの後ろについて、多少体を後ろに傾けて腕に体重をかけます。
3 肘を曲げた状態で、両足を少し浮かせて、左右の足を交互に曲げたり伸ばしたりしましょう。

このとき、バランスディスクを使うと、さらに効果が上がります。

 

ダイエットのための有酸素運動は、外で行なうトレーニングだけではなく、家の中でできる運動もあります。

 

筋肉は1週間や10日ではつかないので、2か月くらいは続ける必要があります。

 

そう考えると、わざわざ行なうトレーニングよりも、テレビを観ながらや、お風呂のあとのストレッチのついでに行える運動の方が長続きすることができます。

 

太ももと股関節を使うエア自転車こぎは、ダイエットにとても効果的なトレーニング方法です。

 

面倒な時はただ脚をバタバタ動かすだけでも良いので、できるだけ頑張って続けてみましょう。