イメージングダイエットーあの人みたいになりたい

 

もくじ

1.ダイエット成功と開放感が招くリバウンド
2.ダイエットしなければならない理由(目標)を持つ
3.ダイエットのための目標を作る
4.目標を目先の人物に置く
5.小さな目標(目標体重)は欲張らない
6.たまには誘惑に負ける
7.生活を忙しくする
8.どうしても短期でダイエットを完成させたい
9.ポジティブな言葉を口に出す
10.褒められたければ褒めましょう

ダイエット成功と開放感が招くリバウンド

ちょっと体重が増えたようだから、頑張って痩せなくちゃ!

 

そう思って、おいしいものを我慢して目標の体重になると、安心して生活が急に元に戻ります。

 

そして、いつものように食べたいものを無計画に食べ続けると、少しずつ体重が戻ってしまいます。

 

ダイエットをまたやるのは嫌なので、ちょっと体重が増えたことを、なかったことにしてしまうと、気がついた頃にはリバウンドしてしまいます。

 

ダイエットというのは、目標の体重まで落ちて終わりではありません。

 

その体重や体型をキープしなければ、ダイエットは成功とは言えません。

 

私たちの体には、ちょっと迷惑な機能が備わっています。

 

人の脳は、都合の悪いことに、長い間維持されている体重の値をしっかりと記憶しているのです。

 

短期間で体重を減らすと、記憶している値に体重が戻されるようにと、働きかけを行ないます。

 

体重の減らし方が急激であるほど、元に戻ろうという作用も強くなってしまいます。

 

せっかく苦労してダイエットに成功しても、頭の中では元の体重に戻りたがっているのですから、下げた体重をそのままでキープさせるには、かなりの努力が必要になります。

 

そして、途中でうっかり食べ過ぎて、体重が少し戻ってしまうと、「もうやめた」という心境になってしまいます。

ダイエットしなければならない理由(目標)を持つ

ダイエットを成功させるためには、大きな目標が必要になります。

 

それは、具体的に5キロ痩せたいとか、去年のスカートがまた穿けようになりたいとかでは、目標が少し弱いかもしれません。

 

お店のウィンドウで一目ぼれをしたスカートがどうしても欲しい時には、誰かに買われてしまったら困るので、なんとか努力をしてそのスカートを手に入れるでしょう。
ところが、もうすでに手に入れているスカートは、穿けるようになっても穿けなくなっても大して心配にはなりません。

 

したがって、痩せなくては困るような、もっともっと強いダイエットの理由を作る必要があります。

 

女性にとって最強のダイエット理由は、「恋」ではないでしょうか。

 

誰かを好きになったり、誰かとお付き合いを始めると、何が何でも理想的な体型にならなければなりません。

 

そのためには、すべての物を我慢することができると思います。

 

これは、人前に出ることが多くなったときや、誰かに自分の体型を馬鹿にされた時にも同じことがいえます。

 

1年に1度の検診で、このままでいくと糖尿病や心臓病になるかもしれないので、これ以上太らないように気をつけるようにと言われても、それはダイエットのための強い目標にはなりません。

 

半年で減量しないと命の危険がありますと、そこまで言われない限り本気でダイエットに取り組もうとは思いません。

 

このように、ダイエットとは、かなり強い目標がなければ、成功と継続ができないものなのです。

ダイエットのための目標を作る

○ダイエットに成功して、最近調子に乗っている彼女を見返したい
○そろそろ婚活を始めたいので、男性の目が気になる
○太っているより痩せている方が第一印象が良いので、少しでも就職活動を有利にしたい
○健康診断で引っかかった項目が気になる
○ダイエットに成功したときの達成感を楽しみにしたい
○もう友人の引き立て役はごめんだ
○周りがびっくりするほどきれいになりたい
○もうこれ以上ダイエットのためにお金をかけたくない
○テレビでよく観るあの人のようになりたい

このように、ダイエットに対する強い目標をもって、今回が最後のダイエットであるという覚悟で、数か月間頑張ってみましょう。

目標を目先の人物に置く

強い目標を設定したら、それに向かってがんばり続けなければなりません。

 

それには強い目標の下に、小さな目標を持つとよいでしょう。

 

それは、周りにいるだれかに「あこがれ」を持つと良いかもしれません。

 

職場の先輩で、あこがれている方はいませんか。

 

仕事ができたり愛想がよかったり、性格がよくスタイルも良い、そのような先輩がいたら、妬みを持つのではなく、あこがれの人物に設定しましょう。

 

同じ世代や年下の方では、あこがれと尊敬の気持ちを持ちにくいので、あくまでも年上の方を選びましょう。

 

あこがれの方ができたら、あの人のようになりたいと思い続け、その方の真似をしていきましょう。

 

なぜ彼女が慕われるのか、なぜ、スリムな体型をキープできるのか、それには必ずわけがあります。

 

ほどほどの年齢になれば、何もしなければ必ず体系は崩れ、太り始めます。

 

あこがれの方は、涼しい顔をしていても、どこかで必ず体型キープのための努力をしているはずです。

 

年上の女性は、年下の女性を可愛がるものです。

 

素直にあこがれていることを告白すると、その方の生き方や生活習慣を教えてくれるはずです。

 

目先のあこがれの人に近づくように努力をすると、一番上に掲げた大きな目標に必ず到達することができます。

小さな目標(目標体重)は欲張らない

ダイエットのための大きな目標ができて、あこがれの人を設定したら、今度は小さな目標を作りましょう。

 

それは、1か月に落としたい体重を決めることです。

 

早く痩せたいからと言って、1か月で5キロも体重を落とすやり方は必ず失敗します。

 

体重の落とし方は、1か月に自分の体重の5%程度にしておきましょう。

 

もともと、ダイエットには、ある程度の期間が必要となります。

 

慌てて体重を落としてもいいことは1つもないので、3か月から半年かけて美しくなっていきましょう。

たまには誘惑に負ける

強いダイエットの目標を決めたら、毎日楽しみながらダイエット生活を続けられるように心がけましょう。

 

たまには誘惑に負けてスイーツを買ったり、お友達と食事を楽しむことも良いでしょう。

 

ただし、食べる内容には気をつけましょう。

 

せっかくダイエットのために努力を続けているのですから、たまに食べるスイーツは近くのコンビニの物ではなく、1個1,000円のプリンや一粒数百円のチョコレートを食べましょう。

 

また、たまに出かける食事は、ホテルで1回に1万円以上かけるなど、優雅な気持ちでダイエットの開放感を味わいましょう。

 

コンビニの味から離れると、添加物がだんだん気になって、体が受け付けなくなってきます。

 

ダイエットをすることによって、安っぽいものを食べない習慣がつくので、間食の習慣や見た目で食べたくなることが少なくなって、良いものを少量食べれば満足できるようになってきます。

生活を忙しくする

家に早く帰ってテレビを観ると、食べ歩きの番組などをうっかり観てしまい、気持ちがくじけそうになります。

 

ダイエットの期間中は、できるだけ自分を忙しくして、自宅で1人でいる時間を減らすと良いかもしれません。

 

たとえば、残業をしたり、帰りに1駅手前で降りて歩く時間を延ばしたり、今までやりたかったお稽古事を始めるのも良いでしょう。

 

思い切って、トレーニングジムに通うのも良いかもしれません。

 

ひとりで家にいるとやることがなくて、ついスマホやテレビを観ながらボリボリとお菓子をかじってしまうものです。

 

家は寝る場所と決めて、できるだけ外にいる時間を多くすると、食に対する気持ちが薄らいでいきます。

 

家にいる時間が短ければ散らかることもないので、いつ家に帰ってもスッキリと片づいていて、余計なストレスが溜まることもありません。

どうしても短期でダイエットを完成させたい

急ぎの目標を立てて、どうしても早めにダイエットを完成させたい方は、プロにお任せすると良いでしょう。

 

ライザップでおなじみのパーソナルジムや痩身エステサロンは、費用はかかりますが2か月で目標を達成してくれます。

 

大きな目標を立てても、どうしても達成できそうもないという方は、挫折をしないで別の道を探しましょう。

 

ダイエットは、ひとりで行なうよりも誰かがそばについていてくれると目標達成しやすいものです。

 

パーソナルジムは、専属のトレーナーと2か月間を共にします。

 

週に2回の筋トレを行ない、毎日の食事の面倒も見てくれます。

 

まさに2人三脚で2か月間を過ごすので、ダイエットの辛さが半減します。

 

痩身エステでは、専属のエステティシャンがつくわけではありませんが、毎回寝ているだけで脂肪細胞を撃退してくれるので、行くたびに目標に近づいてモチベーションが上がります。

 

ダイエットにくじけそうになったら、プロにお任せするのも1つの手段だと思います。

ポジティブな言葉を口に出す

自分の体型に自信がないと、「どうせ私は太っているから」、「忙しくてダイエットをする暇がない」などの否定的な言葉や言い訳を口にしがちです。

 

ダイエットのための高い目標を掲げたら、半年後に私はきれいになるのだから、歩き方も工夫しなくちゃ、姿勢も正しくしなくちゃなどと、自分が美しくなることに積極的になりましょう。

 

ダイエットに対してポジティブになると、その積極性は外に対しても表れてきます。

 

仕事の面で良い意見を言えるようになったり、友人との会話から不平や不満が減っていきます。

 

すると身体の内面からきれいになり、それがだんだん外見に表れるようになります。

褒められたければ褒めましょう

きれいだねって褒められたければ、きれいだねって誰かを褒めましょう。

 

褒められた相手は、いやな気分になるわけがありません。

 

「あなただって、最近ほっそりしてきたじゃない」などと、必ず良い言葉が返ってきます。

 

ほっそりしたと誰かに言われると、本当にほっそりしてくるから不思議です。

 

ダイエット期間中は、同僚や友人の言葉さえ薬にしてしまいましょう。

 

ダイエットを行なうとき、ただ単に体重計と戦うのではなく、高い目標を持ち、ダイエットが成功した後の虹色の人生を思い浮かべましょう。

 

自分にまつわるすべてのことを、ダイエットの目標につなげるように考えていくと、周りの人やさまざまな出来事を、今とは違う目で見ることができるかもしれません。
ダイエットによって、美ボディ完成と同時に心の成長もしていけるといいですね。