耳つぼダイエットを検証!

耳つぼダイエットを利用して 効果的に美ボディゲットできるか?

 

ダイエットの方法で人気が出ているもののひとつに、耳つぼダイエット法があります。

 

これは耳のつぼを刺激して食欲を減退させることによって、ダイエットする方法です。たった数ヶ月で10キロ減などの評判もありますが、基本的には、筋トレや食事制限と組み合わせながら耳つぼを補助的に使うダイエット方法として検証してみます。

耳つぼダイエットとは

耳には足の裏と同様、たくさんのつぼがあります。細かく見ていくと100以上ものつぼがあると言われています。耳つぼダイエットは耳の食欲を抑えるツボを刺激して、無理なく食欲を減退させることによって、必要以上のカロリーを体の中に取り込まないダイエット方法です。また、食欲を抑えるだけではなく、インスリンの分泌量を抑えたり、ホルモンの働きを調整する効果も期待ができます。

耳つぼダイエットの効果

東洋医学では、全身のつぼを押すことによって、良い効果が生まれても悪い結果となるという話はあまり聞いたことがありません。

 

必要なつぼを刺激することによって、症状を改善させる方法は昔から行われています。耳つぼダイエットも、耳を手で揉んだり引っ張ったり、ポイントを刺激することによって、食欲を抑えることができます。

 

特定の耳のツボを刺激すると、食欲中枢が影響を受けます。食欲がなくなり摂取カロリーが減って、ホルモンへの刺激が加わるのでインスリンの分泌量を抑える効果もあります。耳ツボに刺激を与えてから、早い方で数日、ほとんどの方が1週間以内に食欲を抑えることができるそうです。また、無理に食欲を抑えているわけではないので、ストレスがたまらず、意志が弱い方でも楽に続けることができるダイエット方法です。

 

また、つぼを刺激している間にインスリンの分泌量が適正値になるので、耳つぼダイエットをやめても血糖値をコントロールできるようになり、ダイエット効果が長続きしまて、太りにくく痩せやすい体質に変わっていきます。

 

ただし、食欲がないからと言って好きなものばかりを食べていては、ダイエットにはなりません。耳つぼだけに頼らず、運動を取り入れて正しい食生活をしながら耳つぼダイエットを行えば、美ボディをゲットすることができるでしょう。

ダイエット効果のある耳つぼ

耳つぼダイエットを利用して 効果的に美ボディゲットできるか?

 

神門(しんもん)

神門は自律神経を整える効果があります。交感神経と副交感神経の調節を上手に行い、自律神経を整えます。自律神経を整えることによって、ダイエット中のイライラが解消され、頭痛や不眠や生理痛も解消され、食べ過ぎに効果があります。神門は右の上にあるY字型軟骨の間にあるツボで、親指で押したり綿棒で刺激をしましょう。強く押しすぎないように気をつけましょう。

 

飢点(きてん)

飢点は過食を防ぐツボです。飢点は耳の目の前にあるとがっている部分の下側のくぼみにあります。食事の前に人差し指の腹を当てて、痛みを感じる程度の強さでたたいたり押したりしましょう。

 

内分泌(ないぶんぴ)

内分泌のツボは、ホルモンバランスを整えてくれます。耳の穴のくぼみの下部、くぼみの奥の方にあります。食事の直前に耳の裏に親指を当てて、人差し指で押すことによってホルモンバランスを整え、太りにくく痩せやすい体質に改善ができます。

 

皮質下(ひしつか)

皮質下のツボは脳の働きを活性化するので、イライラがおさまり、痛みも緩和されます。ダイエット効果としては、自律神経失調症や胃潰瘍、便秘、高血圧、不眠などが緩和されます。皮質下は耳たぶの上の最初のくぼみの縁にあります。

 

脾(ひ)

脾のつぼは消化不良や腹痛、下痢、胃炎、むくみなどの改善に効果があります。脾は、耳の奥に続く浅いくぼみの外側の縁にあります。

 

胃(い)

胃のつぼは、食欲を抑制させてくれる働きがあります。また、胃の働きを活性化して、消化がよくなる効果もあります。胃は、耳の中央の軟骨の先端にあります。指で胃のつぼをつまむように揉むと効果的です。

 

肺(はい)

肺のつぼは、ダイエット効果が一番高いつぼであると言われています。食欲を抑制して、血糖値のコントロールやインスリンの過剰、分泌を抑える働きがあります。肺のつぼは、縦に並んでいて2個所あり、耳の穴へ続く浅いくぼみの中央にあります。少し痛いくらいの強さで刺激しましょう。

 

脾(ひ)

脾のつぼは、消化不良や消化不振、胃炎、むくみ、月経過多が改善されるところです。耳の穴に続く浅いくぼみの外側の縁にあります。

耳つぼダイエットのやり方

耳つぼへの刺激は、綿棒を使うと上手にできます。

 

爪楊枝の頭を使うやり方もありますが、刺激が強すぎるので、あまりお勧めできません。いた気持ち良いくらいの刺激で押しましょう。綿棒での耳つぼへの刺激は、食事の15分から30分くらい前に30回程度行うと効果的です。綿棒を使わない場合は、指で耳を揉むようにマッサージすることによって食欲を抑えることができます。親指と人差し指で耳全体をもんだり、耳をつまんで上下左右に引っ張りましょう。

 

耳つぼはダイエット効果だけではなく、ストレス改善の効果もあるので、仕事中に軽く耳を揉むことによって、イライラが解消されて血行がよくなり、肩が軽くなります。

 

耳の中にあるツボを毎日探す作業は大変です。金粒シールと言って、小さな金の粒がついているものが売られています。刺激したい耳つぼの位置に貼っておくと、いつもその部分を刺激すれば良いので、耳つぼダイエットには便利なグッズです。シートはずっと張り続けて、数日ごとに張り替えます。なかには、スワロフスキーのストーンがついたピアスのような金粒シールや、肌色のシート状のものまであります。

お店で耳つぼダイエット

自分ではなかなか耳のつぼを探すことは難しいので、いちど専門家に耳つぼの施術をやってもらうといいかもしれません。

 

鍼灸院や整体ができる治療院で施術してもらうことが一番安心です。エステサロンでも耳つぼコースがあり、耳つぼダイエットの専門店もあります。

 

耳つぼに関しては、数万円程度の授業料で施術ができるようになる講習会もあるので、にわか耳つぼ師には注意が必要です。周囲の評判を聞いた上で、信頼できるお店で施術をしてもらうことが一番よいでしょう。

 

料金に関しては、1回ごとの料金設定になっているところから、コースになっていて目標体重になるまで施術してくれるところ、全額返金制度があるところなど、さまざまな支払い方法があります。耳つぼダイエットを始めると、1週間に1〜2回通うことになります。耳つぼは、たくさん刺激をした方が食欲の抑制効果が高くなるので、何回も通ったほうがいいともいわれています。

 

お店での耳つぼダイエットは、針を使ったり金粒を使ったりします。耳にはつぼがたくさんあるので、的確にその場所を探し当てることは困難ですが、皮膚電気抵抗探索機を使って確実にツボを刺激してくれる所もあります。本格的に耳つぼダイエットに取り組みたい方は、専門店での施術のほうがお勧めできます。

まとめ

いかがでしたか。東洋医学の技法を使ったツボを刺激しての施術は、どこの部分でも効果があると言われています。
耳つぼを刺激することによるダイエット方法も、食事の摂り方に気をつけて、筋力トレーニングなども取り入れながら、できるだけ始めはプロにお任せをして、正しい耳つぼの位置を確認するといいでしょう。

 

ダイエットランキング!本当に効果のあるダイエットはどれだ!