皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?

皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?【お腹や二の腕など】

 

脂肪の中でも落としにくい皮下脂肪。
ぽっこり出たお腹、二の腕の皮下脂肪。
これら皮下脂肪をスッキリ落とす方法はありますか?

 

はい、あります。

 

一番確実なのが、プライベートジムとかパーソナルジムと呼ばれているようなジムに通うことです。
2ヶ月後、非常に高い確率であなたは見違えるようになっていることでしょう。

 

皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?【お腹や二の腕など】

 

しかし・・・

 

「時間がない」
「プライベートジムに通うお金がない」
そんな人もおられるはず。

 

そこでご紹介したいのが無料で皮下脂肪を減らす方法です。

 

間違えた方法で努力しても効果はでません。
それはおわかりですよね。

 

無料で皮下脂肪を減らすためには、あなたが正しい知識を身につけることが重要です。

 

「無料で皮下脂肪を減らしたい」と考えるなら以下を読み進めてみましょう。

 

では、皮下脂肪減少に向けて行きますよ!

皮下脂肪はなぜ落ちにくいの?

皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?【お腹や二の腕など】

 

私たちが生きていくためには、エネルギーが必要です。
そしてそのエネルギーは、食事や薬など、外から摂りこむ以外方法はありません。

 

私たちが生きていく上で使われるエネルギーとしては、まずはじめにグリコーゲンから消費をしていきます。
そして次にブドウ糖が使われ、脂肪は最後の最後に使われることになります。
グリコーゲンはブドウ糖の一種です。
食事をすると、筋肉の中にブドウ糖が取り込まれます。そして余ったブドウ糖がグリコーゲンとなり、体の中に保存されます。私たちが食事で摂る栄養素は、半分以上が炭水化物(糖)です。この炭水化物を全部使い終わるためには、かなりのエネルギー消費が必要となります。

 

体の中では飢餓状態に備えて、脂肪は最終兵器として残されます。
グリコーゲンやブドウ糖をやっと使い切ると、体は仕方なく脂肪を使いはじめますが、その時も内臓脂肪を最初に使い、最後に皮下脂肪を使います。
これこそが、皮下脂肪が落ちにくい原因となるのです。

皮下脂肪を燃焼させる方法

皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?【お腹や二の腕など】

 

皮下脂肪を燃焼させるには、「グリコーゲン」→「糖」→「内臓脂肪」の順番を待たなければなりません。
普通の生活では「グリコーゲン」→「糖の消費」で終わってしまいます。
脂肪の燃焼にまで行くには、積極的に運動をしなければなりません。
このとき、一番効果的な運動方法は有酸素運動になります。

 

脂肪を燃焼するためには、リパーゼという酵素が必要になります。
有酸素運動によって、体の中ではたくさんのホルモンを分泌してくれます。
その中のアドレナリン、ノルアドレナリン、副腎皮質刺激ホルモンはリパーゼを活性化してくれます。

 

たくさんの効果的なホルモンを分泌してくれる有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、ランニング、水泳、自転車などがあります。

 

有酸素運動は、連続して20分以上を行わないと効果がないとされていますが、最近では、1日合計で20分以上の有酸素運動をすることでも十分効果があるとの説があります。
有酸素運動の中心は外でのトレーニングになりますが、ランニングマシンやエアロバイクなどがあれば、1日合計20分以上の有酸素運動が比較的楽にできるでしょう。

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせ

皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?【お腹や二の腕など】

 

有酸素運動によって脂肪を燃焼した後、無酸素運動によって基礎代謝率をアップさせることも必要です。
私たちが何もしていない時でも、体の中ではエネルギーを消費しています。
テレビを観ている時も、寝ている時も、心臓が動き血液が流れています。
心臓も血液も、筋肉の動きによって動くことが可能になります。
そしてその筋肉が動く時、消費されるエネルギーが基礎代謝です。
無酸素運動によって筋肉を鍛えて、筋肉量を増やすことにより基礎代謝が増えていきます。

 

無酸素運動とは、瞬間的に動くトレーニング方法です。
短距離走や筋トレなど、息を止めて力を入れる運動が無酸素運動に当たります。

 

有酸素運動と無酸素運動を効率よく組み合わせたトレーニング方法に、「サーキットトレーニング」があります。
サーキットトレーニングとは、「無酸素運動30秒+有酸素運動30秒〜1分」を1つのセットとして、30分間行うトレーニング方法です。
たとえば、腹筋30秒のあと、休みなしで足踏みを30秒〜1分行えば1セットになります。
飽きないようにいろいろな種類を組み合わせて、合計30分になるようにします。
1セット自体はそれほどハードではありませんが、続けて何セットも行うとかなりハードになるので、初めから無理をしないで3セットぐらいから初めて、徐々に回数を増やしていきましょう。

大問題のセルライトと皮下脂肪

皮下脂肪を確実に落とす方法はありますか?【お腹や二の腕など】

 

女性にとっては、セルライトの存在も頭を悩ませます。セルライトは、ほとんどの成人女性は持っていると言っていいでしょう。
痩せている人でもセルライトはついています。

 

セルライトとは、老廃物が脂肪細胞の間に入り込み、コラーゲンと一緒になって線維状のかたまりになったものです。
セルライトは、主に太ももやお尻、お腹や二の腕の表面に近い部分にできます。

 

あやしいと思った場所を両手でぞうきん絞りのように絞ると、でこぼこができることによってセルライトの存在を確認することができます。

 

セルライトは、老廃物などのいろいろな物質が固まってできているので、脂肪燃焼をすることができません。
一度できてしまうと素人が取り除くことはできません。食事を減らしても運動をしても、セルライトは減ることはありません。

 

セルライトはできるだけプロに任せる方が良いかもしれません。
痩身エステサロンやマッサージで、気になる部分を施術してもらいましょう。
ヨガジムでもセルライト対策を行っているところがあります。

皮下脂肪をセルライト化させないために

できてしまったセルライトは仕方がありませんが、これ以上セルライトを増やさない対策を行わなければなりません。

 

セルライトができる原因は、血液やリンパ液の流れが滞っている以外にも、ホルモンバランスの乱れや冷えやむくみ、運動不足などがあげられます。

 

これらは、皮下脂肪対策と通じるところがあるので、ダイエットをする上では、皮下脂肪とセルライトを同じように考えたい。ものです。

 

セルライト予防対策としては、セルライトになりかけている部分のマッサージが効果的でしょう。
脂の性質は、バターのように寒いところではかなりしっかり固まりますが、暖かくなると液状化します。
マッサージは、お風呂にゆっくり入って全身を温めた後、行いましょう。
リンパマッサージはあまり力を入れず、さすりあげるように行いますが、セルライト対策マッサージは、少し両手に力を入れて、お腹やお尻や脚をもむようにマッサージしましょう。

さいごに

脂肪はどんなものであっても悪者扱いをされますが、一番健康に悪い脂肪は内臓脂肪です。
皮下脂肪は、女性らしい丸みやカーブを作ってくれるので、年齢に応じて、それ相応に増えていくという生理的現象は受け入れることにしましょう。
ダイエットをするためにはまず内臓脂肪を減らして、それから多すぎる皮下脂肪を取り除けば、女性らしい体型を維持することができるでしょう。

 

安くて効果のあるプライベートジムはどこ?