もくじ

   

1.リバティヒルクラブの口コミ・評価
2.リバティヒルクラブの特徴
3.リバティヒルクラブのコース
4.リバティヒルクラブの料金
5.他のトレーニングジムとの比較
6.リバティヒルクラブの店舗
7.まとめ

1.リバティヒルクラブの口コミ・評価

評価○ 40代女性
全く運動していなかった状態で入会しましたが、半年がんばってだいぶ力強くなりました。

 

ダイエット目的ではなかったのですが、1週間に3回のトレーニングでお腹のぽっこりがなくなって、ウエストがくびれてきました。

 

これからは、 O 脚を治したり背すじをまっすぐにするなどの目標を作って、さらにトレーニングに励みたいと思います。

評価△ 40代女性
高い入会金を払って約1年間通っていますが、途中から行ったり行かなかったりになって、結構無駄になっていると思います。

 

行きはじめると続けて行くようになるのですが、ちょっと休むとサボり癖がついてしまいます。

 

体重が少し増えてきてしまったので、本格的に頑張らなければと思っているところです。

 

強制的に通わなければならないようなプログラムがあれば良いのにと思います。

評価× 30代女性
いつもバスがジムの前に止まるのであこがれてはいますが、値段が高いことで有名なので、入ることはできないと思います。

 

ときどき、ジムから出てくる人がバスに乗ってきますが、羨ましく思っています。

2.リバティヒルクラブの特徴

リバティヒルクラブは、自由が丘の高級スポーツクラブとして、地元の商店街にも貢献しているようです。

 

リバティヒルクラブは、スタジオレッスンやジムトレーニング、プールなどの設備があり、語学教室や書道教室などのカルチャースクールまであります。

 

プールはプライベートビーチをイメージして、時間によって天井の色が変化したり、独自のろ過システムによって、塩素臭をおさえています。

 

またジムトレーニングでは、高い天井でゆったりとマシンを配置して、クラブ内のどこにいてもリラックスできるような、こだわりの空間になっているようです。

 

さらに、筋力トレーニングだけでなく、こだわりのレストランやお花屋さんまであります。

 

トレーニング後は、ラウンジでの食事や、ゆっくり最新の雑誌を読んだり、お風呂やサウナでくつろぐことができます。

 

リバティヒルクラブにはアテンダントというスタッフがいて、トレーニングのサポートやマッサージ、フェイシャルなど、それぞれ高い専門性を持つスタッフが対応をしてくれるそうです。

3.リバティヒルクラブのコース

スタジオ
ソフトエアロ

音楽に合わせて動いていくエアロビクス初級クラスです。

ミッドエアロ

さまざまな動きを組み合わせて、脂肪燃焼を目指していきます。

ファットバーン

シンプルでダイナミックな動きで、脂肪燃焼を目指します。

ファンエアロ

さまざまな動きによって、体力を向上していきます。

シェイプ

エアロビクスとダンベルやチューブを使った動きを組み合わせて、体を引き締めます。

シェイプボクシング

協栄ボクシングジムのプログラムになります。

 

さまざまなパンチで、身体を動かします。

ベーシックステップ

ステップ台を使って、さまざまな動きを覚えていきます。

コンビネーションステップ1

基本のステップに、さまざまな動きを加えていきます。

コンビネーションステップ2

動きにバリエーションを加えた、ステップ台のエアロビクスです。

ヘビーハンズ1、2

ダンベルを使って、筋トレと有酸素運動を行ないます。

ボールシェイプ

ギムニクボールを使って、普段使われていない筋肉を刺激していきます。

ジャズダンス

ジャズダンスを華やかに美しく踊ります。

バレトン

フィットネスとバレエ、ヨガの3つの動きを、ダンス音楽に合わせて踊ります。

ズンバゴールド、ズンバ

フィットネスダンスをラテンの音楽に合わせて、エキサイティングに踊ります。

バレエエクササイズ

バレエの動きを取り入れて、しなやかな体を作ります。

気功太極拳

円運動を基本として、ゆったりとした動きを行ないます。

パイヨー

ピラティスとヨガを組み合わせた動きになります。

ヨガ

呼吸法や瞑想法を取り入れて、心と身体のリラックスを目的とします。

ピラティス

骨盤を意識して、体の歪みを改善していきます。

お腹くびれシェイプ

お腹を引き締めて、腰痛の予防や便秘の解消に役立てます。

ジャズファンク

ジャズをベースにしてディスコ、ヒップホップ、ハウスなどの動きを取り入れたダンスです。

はじめてキックパワー

音楽に合わせて、格闘技の動きを行ないます。

オリジナルステップ

ステップ台(踏み台)を使って、エアロビクスの動きを行ないます。

リトモス

アルゼンチンで生まれた、ダンス系のフィットネスプログラムです。

ファイティングエクササイズ

ステップ系の動きを多く使って、ダンスミュージックに合わせてファイティングポーズを行ないます。

骨盤トレーニング

骨盤の歪みを自分自身の力で解消していきます。

ダンスエアロ

エアロビクスにダンスの要素を加えた動きを行ないます。

ドージョー
ヘビーハンズ

ダンベルを使って、筋トレと有酸素運動を行ないます。

ヨガ

呼吸法や瞑想法を取り入れて、心と身体のリラックスをはかります。

ルーシーダットン

仙人体操とも呼ばれるもので、足腰を鍛えて体のバランスを整えていきます。

リラックスヨガ

ヨガの動きを取り入れて、全身をストレッチします。

ピラティス

骨盤を意識して、体の深層筋を鍛えて歪みを改善します。

ボディメイキング1

ダンベルやチューブを使って、体を引き締めます。

コアトレーニング

ストレッチポールを使って、インナーマッスルを鍛えていきます。

はじめてエアロ

エアロビクスの基本の動きを覚えていきます。

Fine Move Stretch

体幹と関節の周りの筋肉をほぐしていきます。

お腹くびれシェイプ

お腹を引き締めて、腰痛の予防や便秘の解消をしていきます。

ウォーク

体の軸を意識して、バランストレーニングを取り入れながら、さまざまな歩きかたをします。

ストレッチ

筋肉の緊張をほぐして、柔軟性を上げていきます。

 

怪我の予防に役立ちます。

アロマ&リラックス

アロマの香りの中で、ゆっくりとストレッチを行ないます。

フェイスリフティングボイス

声を出すことによって、普段使っていない表情筋を刺激していきます。

ボディフレックス

インナーマッスルを意識したトレーニングです。

シコアサイズ

貴乃花親方が考案したプログラムで、お相撲のシコとコアトレーニングを組み合わせたエクササイズです。

リズムファットバーン

スタイアップとエアロビクスを組み合わせた、簡単なエクササイズです。

美姿勢エクササイズ

歩いたり片足立ちをして、体幹を鍛えていきます。

アクティブストレッチ

バランスをとりながらストレッチを行なうことによって、体幹のトレーニングになります。

美姿勢ストレッチ

骨格や筋肉の動きを整えて、体の柔軟性を上げていきます。

スパインストレッチ

スパイン(背骨)を中心に体を動かして、背中をやわらかくしていきます。

パワーヨガ

立ったまま行なうポーズを中心にして、全身をしっかりと動かして体の正しい使い方を覚えていきます。

4.リバティヒルクラブの料金

レギュラーメンバー

入会金 324,000円
年会費 259,200円

ジュニアメンバー(16〜24歳)

入会金 216,000円
年会費 129,600円

シニアメンバー(70歳以上)

入会金 216,000円
年会費 129,600円

5.他のトレーニングジムとの比較

リバティヒルクラブで優雅なトレーニングタイムを過ごすのもよいでしょうが、短期間で一気にダイエットを終了させたい方は、思い切ってパーソナルトレーニングジムを選ぶという方法もあります。

 

パーソナルトレーニングジムでは、テレビコマーシャルで有名なライザップが、一番人気のようです。

 

コマーシャルを見るたびに、ビフォーアフターの違いに驚きますが、専任のトレーナーと一対一で、完璧に姿勢をコントロールしてトレーニングを行なうため、全く運動をしたことがない方でも、肩や腰などに負担をかけて悪くすることがありません。

 

また、ダイエットにつきものの苦しい食事制限は、お肉やお魚や野菜を中心としたたんぱく質中心の食事になるので、かなり腹持ちがよくて空腹と戦う必要もないようです。

 

ライザップは、パーソナルトレーニングジムの中でも値段が高いほうですが、ジム内の設備は整っていて、黒を基調とした落ち着いた雰囲気の中でトレーニングを行なうことができます。

 

ライザップでの2か月間の集中的なトレーニングで、しっかり体重や体脂肪を落とした後、リバティヒルクラブのような総合トレーニングジムに入って体型をキープしていくのが、ダイエットとしては一番手っ取り早い方法だと思います。

 

ライザップを更に詳しく

 

6.リバティヒルクラブの店舗

目黒区八雲3-26-6

7.まとめ

リバティヒルクラブは、ちょっとリッチな総合フィットネスクラブです。

 

ダイエットのためのレッスンがたくさんあるようなので、一度見学に行ってもよいのではないでしょうか。

 

ただし、他の総合ジムと同じように、最終的には自分で自分の体を管理しなければならないので、ひとりではなかなかトレーニングが続かない方にとってはむずかしいかもしれません。

 

自分の体力や根気やダイエットにかける期間などを考えて、トレーニングジムを選ぶとよいでしょう。